2016年09月12日

中国航海博物館

中国航海博物館は、上海市の南東部にある、船関連の博物館だ。
「弾丸の地」とも呼ばれる狭い上海だが、その弾丸のさらに先端に位置し、上海市の中心部からは50キロ以上離れていて、車でも1時間弱かかる。
電車だと、16号線の終点までで、2時間半以上はかかるらしい。
少し遠い場所だが、昔の船について知りたかったので行ってみた。

hanghaibo01.jpg
4階建てで結構大きい。
この周辺は、新しい港湾地区でまだ空き地が多く、蘇州園区のような感じだった。

hanghaibo02.jpg
行った日は、ちょうど旅行節とかで半額で入場できた。

hanghaibo03.jpg
中に入るとすぐに大きな船のレプリカが飾ってある。明時代の船らしい。
この船の上にも乗れ、構造を観察できる。

hanghaibo04.jpg
甲板の上。この道具で帆を上げたり下ろしたりするようだ。
帆柱を直接よじ登ったりするわけではないらしい。

hanghaibo05.jpg
甲板の下の船員達の部屋。
わかりにくいが、はしごの左右に二段ベッドが並んでいる。結構ちゃんとした部屋だ。

hanghaibo06.jpg
甲板の後部の船室。
意外にちゃんとした部屋。

hanghaibo07.jpg
船底部から。
この舵もとても大きい。6畳くらいある。

それから、船の歴史が分かる展示物がいろいろ展示してあった。
先史時代の独木舟から、戦国時代〜遣唐使船〜宋〜明清〜現代まで、様々な時代の船の模型や部品の実物などが展示してあり、興味があれば面白いと思う。
この辺の展示物は撮影禁止ということなので、ここでは載せないが。

hanghaibo08.jpg
それから、昔の船の作り方なんかも詳しく展示してあった。

hanghaibo09.jpg
船の下層部の構造。
この横にいくつもある仕切り板みたいなものは、底板の一部分に穴が開いても板で区切られた他の区画には水が入ってこずに船がなかなか沈まないようにするためにあるという。
中国古代船舶の三大構造の中のひとつらしい。
ちなみに、そのほかの二つは舵と竜骨だという。

それから、洋山深水港区に関する展示がある。
hanghaibo11.jpg
洋山深水港区の模型。
上海南の沖にある島に作られた港。2010年に開港したらしい。

hanghaibo10.jpg
この港は、沖合の島にあり、本土と島の間に高架道路を通して無理矢理物流をよくしている。
ちなみに、この博物館はこの地図の本土の一番右下の、まん丸い人工湖の左岸にある。
こんな場所に無理矢理港を作ったのは何故なのか。

hanghaibo12.jpg
その理由がこれ。
上海市は長江の河口にあるのだが、水深が浅く、10メートルにも満たない。
大きな船は外高橋や宝山の港までは入っていけないため、あんな変なところに港を作らざるを得なかったというわけだ。
上海が、長江と銭塘江という二つの大河の河口に位置し、川から運ばれた土砂が堆積して形成された土地だというのがよく分かる。

そのほかには、現代の海上防衛についてとか、船員体験とか、船の模型の手作り工房とか、操舵の体験とか、子供の喜びそうなものもいくつかある。
自分としては、昔の海上貿易の様子なんかがもっと分かる展示があればより良かったが。

午後4時に閉館してしまうので、注意が必要だ。
タグ:上海
posted by からみもち at 03:23| 上海 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行観光(華東地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

地下鉄通勤時の光景

早いもので今年ももう6月だ。
こちらは5月中も雨が降ったり止んだりで、ここ数週は週末になると雨が降る感じの天気が続いた。
新居での暮らしもすっかり落ち着き、会社と家をただ行ったり来たりする毎日が続いている。

この間、会社からの帰り道で地下鉄に乗っていると、白人と中国人が口げんかをしていた。
自分は耳にイヤホンをつけて音楽を聴いていたし、離れている位置だったのでよくは分からなかったが、英語と中国語でやり合っていた。
白人が赤ん坊を抱えていて、赤ん坊の泣き声が聞こえていたので、その赤ん坊がらみっぽかった。
「ここは中国だ!」という叫び声なんかも聞こえてきたので、お決まりの文化の違いを盾にしたわがままの張り合いだろうと思って無関心を決め込んだ。
満員電車なので、こういう言い争いというのは、たまにある。
狭い空間にたくさんの人間が押し込まれ、不快感が募れば攻撃的にもなるので、けんかが起こりやすいのは日本と同じだ。

自分が利用しているのは地下鉄6号線だが、こちらでは、日本人がイメージするよりも上品な利用のされ方をしている。
乗り降りの時にもちゃんと列を作り、降りる人が降りてから乗る、というマナーがほぼ守られている。
降りる時に扉付近にいる人が一旦降りて待つ、ということころまでは、やらない人も多く、そこまでのマナーはまだ普及していないようだ。
列に横入りする人もまれにいて、列の先頭の横ぐらいに陣取って、列車が来て扉が開くと列に横から突っ込んでくる人間が、1人や2人はいる。
本当に頭にくるが、列の長さも一回の便では乗り切らないくらい長いので、その中の1〜2人と考えると驚異的なマナー遵守率だといえるかもしれない。
もちろん、これが出退勤時のラッシュアワーという特殊な時間帯で、さらに6号線という旅行者やお上りさんなんかが通常利用しないような路線なので、マナー遵守率が高い可能性も多い。
地下鉄2号線なんかだと、上海の2つの空港を結んでいて、高速鉄道の虹橋駅やその他利用人数が多い場所を多く通っているので、お上りさんの利用も多く、マナーも大分悪いという話も聞く。
実際たまに2号線に乗ると、土埃にまみれた汚い旅行鞄やら米俵みたいにでかいずだ袋みたいなものを何個も積んだ汚い格好をした一群を必ず見かける。
ラッシュ時でもその辺の一帯は人が少なく、出勤するために小綺麗にしていった服を不用意に汚されて気分が害されたくないので、そうなるのも当然なのだが、そういう人たちが田舎に帰ると、差別されたとか、上海人は外の人間を見下してるとか、そんな話になりがちで、上海とその他の地方の対立感情が膨らんでいくという悪循環になる。

日本の地下鉄とは違うなー、と思うこともいくつかある。
まず、駅ごとに扉が開く側とかホームの階段の位置とかが変わらない。
6号線なんかは、世紀大通駅という乗り換えの多い一番大きな駅までの9駅ぐらいずっと右側のドアが開き、階段は真ん中の一つだけという状況が続く。
それで、乗ってからあまり奥までつめないし、降りる時も降りる前からドア付近に移動するので、開く側が込む。
乗る時に、込んでるなーと思って乗って、奥まで入ると案外人が少なかったり、ということもままある。

それから、扉ごとに男性と女性が固まりがちである。
先頭に男性が並ぶとその後全部男性とか、その逆に全部女性とか、というふうになる傾向がある。
これはバスでも同じで、2人掛けの席で1つだけ開いているのが複数あると、同性が座っている席の隣を選びがちだ。
自分は男性だが、女性の方の列に並びたい。
スケベな気持ちがあるわけではなく、男はデカいし臭いし暑苦しいから女性の方がよい。
バスでも、女性の方が体が小さいから肩とか当たらなくていいのだが。
何でこういう傾向があるのかは未だに謎だ。

痴漢は、実際に見たことはないが、おそらく東京より少ないのではないか。
そもそもこっちの女性は化粧をあまりしないし、香水なんてつけてる人はほとんどいない。
格好も含めてそんなに女性っぽさをアピールしてないので、痴漢する気も起きないんじゃないか。
逆に、電車の中で化粧してる女性も見ない。今までで延べ1〜2回くらいではないか。

それから、通勤時の男性の服装は、ほぼ私服で、スーツっぽいものを着ている人でも、ネクタイを着けて出勤する人はまず見ない。
だから、ネクタイ締めてきちんとコートなんか着て通勤しようものなら、地下鉄の中で浮きまくる。
一目で外国人だって分かってしまう。
そもそも高い服を着て通勤してたら、歩道でも不意に水たまりなんかがあるので、すぐに汚れる。
だから一番いいやり方は、汚れてもいい私服で通勤し、会社に着いたらスーツに着替えることだ。
自分なんかはそのさらに上を行く、普段はずっと私服で仕事をし、客に会う時だけスーツに着替える、というスタイルを確立している。

あとは、ほとんどの乗客がスマホをいじくっている。
ゲームをやったりドラマを見たり文章を見たりチャットをやったりしている。
満員電車の中でも自分の携帯の画面を見るための空間を確保しようとして、不必要なまでに他人に背中を押しつけてくるので、非常に自分勝手に見えるしやられると腹立たしい。
それも不可能なぐらいに混み合ってきても、体をひねって変な体勢になってまでゲームを続けたりするのは何なんだ。
さらに電車の中だけならまだしも、電車を降りて階段を上ってながらでもずっと動画を見続けてる奴もけっこういて、そういう奴等は総じて歩くペースを遅くしている。本当に後ろから蹴りを入れてやろうかと思うくらいイライラする。
まあこの辺の光景は今の日本も変わらないのかもしれない。
比較的まれに日本のアニメやらテレビ番組やらを見ている人もいる。
印象に残っているのが、地味な感じの20歳前後の女の子が立って携帯で動画を見ていて、日本語が目に入ったから何だろうと思って見たら天丼屋さんの映像で、その天丼屋さんが機械化が進んでて機械で天ぷらを揚げてるらしく、揚がったエビの天ぷらがベルトコンベアで次々に流れてくる様がアップで延々と写されてる動画をその女の子はずっと見入っていて、ずっと微笑んでいた。
意味が分からないが、なんか和んだ印象がある。

あとは、以前2号線や3号線で見かけたような、電車の中で物乞いをしたり、地図を売ったり、子供におしっこをさせたり、というような光景は、今は見かけない。
昔のカオスぶりに比べたら今は大分ましになったと言える。
それでもこないだは戦慄的な出来事に出会った。
帰りの満員電車で立って上の手すりにつかまってイヤホンつけて音楽を聴いてたら、隣に立ってた男が鼻くそをほじりだして、とった鼻くそを上の手すりで拭いていた。
それを見た時から無警戒に手すりに触れなくなっている。
なぜなら、こちらの清掃員が上の手すりまでくまなく掃除をしているとは思えないし、自分の視界に入ったその行動は、自分の視界に入ってないところでも大量に行われているだろうからだ。
かと言ってつり革を掴んでいればいいかというと、つり革はより多くの人が掴むわけで、ということはより多くのイレギュラーな行動をする人が掴む機会も多いわけで、だからつり革なんかはもっと怖いのだ。
1度でも目にしてしまったから、自分の中でほとぼりが冷めるまでは気にしながら生きていくしかない。
posted by からみもち at 00:51| 上海 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | できごと・感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

新居について

3月に引っ越しをした。
理由は、前回書いたとおり、大丈夫だと言われていた前の道路で駐車違反を取り締まられたからだ。
やはり、大家とか警備員とか、責任のない人間がどんなに調子のいいことを言っても、絶対に聞いてはいけない。
今回でも、解約時に大家が手のひらを返し、確かに大丈夫とは言ったがそれはその時の情報に過ぎず、将来について保証したものではないので、今回の解約は違約に当たるので保証金は全額没収する、と言い出した。
温和な顔してとんでもない食わせ者だったのだが、事前告知期間1ヶ月のところを2週間で解約して、未払いの2週間分については何も触れてこなかったので、痛み分けということにしてとっとと手を打った。

それはともかく、引っ越し先の場所は、前の住所から歩いて1キロくらいの距離で、とても近いところにした。
会社に通いやすいし、スポーツジムの契約も半年残っているので、近場がよかったのだ。

jingyang05.jpg
居住区前の金楊路という道路。
商店が多く、結構賑やかな道路だ。
この辺りは、「金楊街道」という区域だ。金楊街道は、地下鉄6号線でいうと、徳平路駅から金橋路駅までくらいの間の地域。
「街道」というのは日本で言う町みたいな行政単位で、市役所の出張所があったり、警察への届け出だったり、選挙なんかも「街道」単位でやるらしい。ちなみに、「街道」というのは旧い言い方で、今は「社区」という。
前の住所よりだいぶ賑やかで、地下鉄の駅からも近い。

jingyang04.jpg
居住区の入り口。
そこそこスペースがあり、駐車できる場所はどこかしらにある。駐車カードの手続きをすれば、月100元で駐車できる。

jingyang01.jpg
新居。この部屋1部屋だけ。10畳くらいか。6階で、窓ガラスも大きいので、日当たりが良い。

jingyang02.jpg
台所。全部新しく内装をしなおしていて、とてもきれい。

jingyang03.jpg
洗面所。無駄にそこそこ広い。

内装が新しく、ドアや窓も新しいのですきま風がないのがよいところ。
居住区自体も、商店街や市場や地下鉄の駅が近く、条件がだいぶ良い。
家賃も3,100元で、前に比べて100元しか上がってない。
この物件が探し始めたその日に見つかる、というのはとてもタイミングが良かった。
尋ねた不動産屋が、一年半前にこの金楊街道に引っ越してきた時、初めてお世話になったところで、去年も尋ねたのだが結局他の不動産屋の物件に決めて、今回も義理立てして初めてのところに尋ねたら、いろいろ探してほかの店からも探してくれて、この部屋も大家の希望は3,300元だったらしいところを3,100元に下げさせてくれた。
その不動産屋が地元のおばさんがやってる不動産屋で、大手チェーンとかではないのでその店にずっといて、自分のこともずっと覚えていてくれているので、そういう点もよかったのかな。

金楊路には食堂もたくさんあって、評判の高い名店も存在する。
jingyang07.jpg
金楊拉麺王、という店。金楊路沿いの金口路と棗庄路の間にある。
上海名物の紅焼牛肉麺というラーメンの店で、いつも混んでる。

jingyang06.jpg
紅焼牛肉麺の大盛り。28元。
ざっくり言うと、蘭州ラーメンに紅焼肉を入れたような味。
牛骨ベースに棗やら八角やら何種類も薬膳材料を加えたようなスープで、麺も店内で手打ちしている。
肉も、牛の赤身肉がたっぷり載っていて、味が染み込んでいてとても美味しい。
紅焼牛肉麺の店は上海にたくさんあるが、ここのはよく出来てると思う。

しかしこっちのラーメンは、何十年前の東京でどの店でも同じような醤油ラーメンを出しているような状態で、店ごとのバリエーションがないので、この店の紅焼牛肉麺が特別に違いがあるわけではない。
肉や麺やスープがちょっとずつ美味しいだけだ。
タグ:上海 住居
posted by からみもち at 03:00| 上海 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

早くも引っ越し

季節もこの頃は春を迎えつつあるようで、寒い日と寒くない日が交互に来るような陽気になっている。
今のところに引っ越してわずか半年だが、また引っ越すことになった。
それというのも、家の前の道路に車を停められなくなってしまったからだ。
そもそも、居住区の敷地内に空いている駐車スペースがなく、居住区の前の道に駐車できるというので契約したのだが、道路を挟んで向かいに小学校があり、こちらの学校では子供の送り迎えに自家用車を使う家庭が多く、路駐している車があると登下校時に大変な混雑になるので、最近になって交通警察の取り締まりが来るようになったらしい。
こちらとしては話が違うと言いたいが、路駐しているのがそもそもおかしいので、思い切って引っ越すことにした。

自分は引っ越しはあまり嫌いな方ではないのだが、引っ越してきたのが半年前で、引っ越し業者と連絡を取ったり段ボールを調達したり荷物を詰めたりと、まだ面倒くさい思い出が消えていないうちにまた引っ越しというのはさすがに面倒くさい。
特に段ボールの受け取りが面倒だ。引っ越し業者の段ボールは値段が高いし30個とか多くからしか持ってきてくれない。
だからアマゾンとか天猫とかネットで買うのだが、日付とか時間とかの指定ができない。
突然平日の昼間とかに携帯に電話をよこして、こっちが家にいないと分かると、門の警備に預けるとか言い出す。門の警備ならまだいいが、隣の家に預けるというケースもあり、これが本当に困る。
コンビニで代わりに受け取ってくれるサービスがあるようだが、このサービスは大きな荷物の場合は使えないようだし、そもそも今の家の近くにコンビニがない。
そこで考えた方法が、ネットショッピングモールの中で、段ボールを扱ってる業者で、注文から1〜2日で確実に届ける、という上海の業者を探し、金曜日に注文する。
うまくいけば、土日に家にいれば受け取ることができるはず、という作戦だ。
なんでこんなことで頭を悩ませなければならないんだ、という話だが、イライラする気持ちをやり過ごしていかないとこの国に居続けるのは難しい。

引っ越し先を探すのも面倒が多い。
上海の近年のマンションの値段はものすごく高騰しているようで、2年くらい前は1平米3万元くらいだったのが、今は5万元になっているという。
賃貸も、2年前に3千元で借りれた部屋が、今は4千元になっているという。
自分の場合は特に車があるので、駐車場に空きがあるところを探すのがとても難しい。
車がなければもっと会社に近い場所に住めるし、余計な出費もないし、そもそもあんまり乗らないし、何で車を持ち続けているのか疑問になる。
というわけで、新居をなるべく早く探さないといけないが、家賃が安く駐車できるところを探すのがさらに難しくなっている。
なので、探すのに時間がかかるかな、と思っていたが、探し始めたその日に見つかった。
今度の住居は地下鉄の駅に近く、内装も断然きれいで、居住区内に駐車スペースもあるし、家賃も3,100元で、以前と大して変わってない。
条件がだいぶ良くなってるのに値段が変わらないのは、部屋の面積が若干小さくなっていて、間取りが1LDKから1Kになったからなのかなと思う。
そもそも一人暮らしの身で寝室とリビングが別々なのが、移動するのが面倒だったので、一つの部屋になってくれたのがありがたい。

というわけで、新居を探すのはものすごくうまくいった。
半年前なんか何週間も不動産会社を何社も回ってもろくな部屋が見つからなかったのが嘘のようだ。
億劫だったけど早く動いて結果うまくいった。
まあ今回は運が良かった。
何回も引っ越していればこういうこともある。
タグ:上海
posted by からみもち at 02:37| 上海 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする