2016年10月30日

インドネシア旅行顛末

国慶節の休みは、インドネシアに旅行に行った。
行ったことは行ったが、帰りの日にカメラを盗まれ、旅の記録がほとんど残ってない。
デンパサールからジャカルタに移動する時に飛行機を利用し、空港でバックパックを預けてジャカルタで引き取ったら、バックパックが心なしかしなっていて、開けられた形跡があるので、その場で中身を確認したら、カメラの入ったバッグが抜き取られていた。
カメラの他に交換レンズと写真を撮ったSDメモリーカードも入っていた。
カメラの方は、昔日本で手続きしたクレジットカードに海外旅行保険がついていたので、それで補償が受けられそうだ。
購入年月からの経過時間で償却があるとかで、いくら返却されるか分からないが、お金の方は損害が少なくなりそうだ。
しかし、旅行期間中の1000枚以上の写真が全てなくなってしまった。

荷物受け取りのところにある航空会社の事務所と空港警察に言って、調査をお願いして書類を作ってもらった。
でもどこでもチンタラしてヘラヘラと対応してて、探す気が端からないんじゃないかという態度で、調べた結果を次の日にメールするから、と言ってたのが、案の定今に至っても何の連絡もない。
警察でも対応してくれたが、見つからなかったらどうするつもりだ、とか、航空会社からは補償されない、とか、見つからないことが前提で話していた。
バリ島なんか超メジャーな観光地だから空港職員のモラルもそれなりにできているんじゃないかと思い込んでいたが、そんなことはなかったようだ。

というか、バリ島は空港に限らず、旅行者をカモとしか思ってないんじゃないか、という行為をする奴等が多かった気がする。
ブサキ寺院のゲートでトイレを借りたら警官に1万ルピーをせびられたのには驚いた。
水が高い、とか言い訳してたが、ミネラルウォーターのペットボトルを見せ、これが5000ルピーなのに?と言うと引き下がり、最後には2000ルピーになった。
警官がこんな適当にとりあえずボっとくか、みたいに気軽にボってくるのが、旅行者に対する見方を表しているのだ。

という訳で、あまりいい印象の残らなかったインドネシア旅行だ。
写真もろくに残ってないので、日程ぐらいしか書き残せない。

9/30 21:05 上海-福州 厦門航空 福州泊
10/1 10:05 福州-ジャカルタ 厦門航空
17:20 ジャカルタ-ジョグジャカルタ ガルーダ航空 ジョグジャカルタ泊
10/2 タクシーをチャーターし、ボロブドゥール寺院とプランバナン遺跡を観光 ジョグジャカルタ泊
10/3 ジョグジャカルタ-デンパサール(バリ島) 航空
クタ-ウブド タクシー ウブド泊
10/4 ウブド西部の渓谷等をトレッキング ウブド泊
10/5 ウブド-バタンバン バス移動 バタンバン泊
10/6 バイクをレンタルし、タマンウジュンとランプヤン寺院を観光 バタンバン泊
10/7 バイクをレンタルし、ゴア・ラワ寺院、スマラプラ、ブサキ寺院群、ケハン寺院等を観光 バタンバン泊
10/8 高速ボートでギリ3島を観光し、バスでクタへ移動 クタ泊
10/9 デンパサール-ジャカルタ lion air ジャカルタ泊
10/10 08:00 ジャカルタ-厦門-上海 厦門航空

写真は、空港とか朝方とか、カメラが手元にない時に携帯電話で撮ったものしか残ってない。

baliil2016001.jpg
ジョグジャカルタ空港。

baliil2016002.jpg
Roti'oという店。いろんな空港にある。1万ルピーで焼きたての柔らかいパンが食べられる。
メロンパンみたいに甘い生地を上に乗せて焼いてあって、インドネシア旅行でこれが一番美味しかったかもしれない。

baliil2016003.jpg
ウブドの宿で出してくれた朝食。パンケーキにバナナとはちみつが乗っていて、また女性が好きそうなやつだ。

baliil2016004.jpg
宿のテラスから撮影。ウブドの宿は寺院風の門飾りを潜って簡単な中庭を抜けて宿泊棟に着くスタイルが多いようだ。
ウブドの中心はごちゃごちゃしているが、外れのほうの民宿は田園風景を見ながらくつろげる様子だったので、ウブドで泊まるんだったら郊外の民宿が正解かも知れない。

baliil2016005.jpg
バタンバンの宿の朝食。
この宿のレストランは味が少ししょっぱくて値段も高めだったため、ずっとほかの店で食べた。
魚料理は、マヒマヒの切り身が美味しかった。

baliil2016006.jpg
帰りのデンパサール空港。何か民族衣裳を着て踊る催し物をやっていた。
この時には預けたバックパックからカメラが既に抜き取られていたのかもしれないが、全く知らないのだ。

こんな感じで一応旅をした。
クタやウブドは車やバイクでずっと渋滞してて、音もうるさく、気が休まらなかった。
その渋滞の横の細い歩道を向かいから来る旅行者達と半身になってすれ違って、窮屈な思いで歩いて、沿道のいい雰囲気を出してるカフェとかスパとかを目指す、という、何が癒しのライフスタイルだか分からない、ポーズだけの癒しを求めて行く島なんだろうな、と思ったが、バタンバンに移動し、きれいな砂浜と海岸沿いのホテルと海鮮料理で、やっと、やっぱりこういうことだよな、と思いなおした。
ギリ島も行ったが、タイのピーピー島を少し思い出した。
ビーチはシアヌークビルのロン島とかの方が綺麗だった。ごちゃごちゃしてて人も多いし、そんなに魅力は感じなかった。
シュノーケリングでもやればまた違うのかな。
まあビーチはともかく、お寺がたくさんあって、火山や湖や棚田や何やら見所がそれなりにあって、と個性的な仏教文化が息づく島、という位置付けで捉えれば、行ってもいい場所かもしれない。
posted by からみもち at 13:55| 上海 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行観光(東南アジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月06日

シアヌークビル・ロン島(カンボジア)

シアヌークビルは、カンボジア南西部にあるタイ湾沿岸部の都市。
カンボジアでは少ない海沿いの土地なので、大きな港があるほか、きれいなビーチがいくつもあり、リゾート地として人気がある場所だ。
シアヌークビルにはプノンペンからいくつもバスが出ていて、4時間くらいで着く。
Capitol tourバスで行き、シアヌークビルのニューバスターミナルに着いた。
ニューバスターミナルからは、相変わらずバイクの客引きがすごいが、通りへ出てビクトリーヒル方面にまっすぐ歩いていくと、15分くらいでビクトリービーチ近辺の集落に着く。


ビクトリーヒルの宿屋街。レストランや宿屋が立ち並び、客は白人がほとんど。
食事は、海鮮の炒め物等が2ドルくらいで食べられ、とても安い。
宿は、ゲストハウスだとシングルが通常10ドル以下で泊まれるようだが、自分が行ったときは旧正月と重なり、安宿はどこも満室で料金も跳ね上がっていた。


宿泊したのは、この「DaDa Guesthouse」。春節料金で一泊30ドルだったが、ホットシャワーにエアコンにWifiもあって、設備的にはちゃんとしていた。
宿のおばさんも明るい人で、そんなにうまくない英語でにこにこして話しかけてくるので癒される。


ビクトリービーチは宿泊だけで終わり、次の日の朝にはロン島に移動した。
チケットは、宿で手配してもらった。朝と昼の2食付で往復20ドル。朝の7:30にピックアップが来て、ツアー会社のオフィスに連れて行かれた。
オフィスには観光客がたくさん集められていて、テーブルといすがたくさんあり、客たちにフランスパンとバターが振舞われた。
日本人も何組かいて、中国やらシンガポールやらの中華圏から春節休みを利用して来ていた。
複数の目的地の客が一箇所に集められて食事を振舞われ、逐次呼び出されてピックアップされるようで、呼び出しが何を言ってるかわからないので、談笑してる間も緊張感があった。


こういうボートに乗る。人は多く、下の席はもちろん上の天井も人でいっぱいになる。
出発後、途中でシュノーケリングポイントみたいなところでしばらく停泊し、その後にRong Salmon島というところに立ち寄った。


Rong Salmon島は、本当に何もない島のようだ。ビーチのはるか先に建物らしきものが見えるが、それが宿泊施設なのかどうか。

砂浜が白くて細かくて、海水も透明でとても美しい。
波も静かで遠浅で、言うことなしのすごくいいビーチだが、ボートが1時間くらいしか泊まらない。

ビーチの監視員の小屋のようだ。鬼太郎の家みたいだ。
この手前の奥まったところにある小屋で、ボートの利用者に昼食を提供してくれる。
おかずがブリみたいに身のしっかりした魚のグリルで、とてもおいしいんだけど、ハエがすごく寄ってくるので、不快感はある。


Rong Salmon島を出発し、次に目的地のロン島に行く。
ビクトリービーチの宿のおばさんには、ロン島の宿はどこも満室で泊まれないと言われていたので、バックパックを宿に預け、サブザックに海水パンツ等だけ入れ、空き部屋があったら一泊くらいしようという感じで上陸した。


ロン島のビーチ沿いの様子。けっこう繁盛してるが、ビーチはやはり白くてきれいだ。


ロン島に宿泊施設はけっこうある。
埠頭付近のビーチ沿いの安宿は10ドル位で泊まれるようだが、板張りの建物の狭い部屋に蚊帳のついたベッドが置いてあるだけの部屋で、窓もないので昼も暗くて蚊も多いようで、泊まり心地が悪そうだった。
いずれにしても部屋も満室だったので、泊まれなかった。自分が乗った船よりも早い時間の便で来ないと泊まれないんじゃないか。
というわけで、埠頭付近の安宿はあきらめ、もっと奥まったところにある宿を探すことになった。


ロン島のビーチ。どこまでもきれい。やはり遠浅で波も静か。

ロン島ビーチの砂。
砂糖みたいに真っ白だが、光の量が多すぎて暗めに写ってしまった。


ビーチを往復した結果、このParadise Bungalowに泊まった。
安宿は全部満室だったが、それなりの値段がする宿は空いてる部屋が少しあって、ここもそれなりの宿の一つ。
ロンリープラネットでは、この宿はロン島で一番高いということだったが、実際は別の宿で80ドルと言われたところもあり、値段もそこまで高くはなかった。
敷地にあるすべてが独立したバンガローで、ビーチ沿いのが55ドル、奥まったところのが35ドルで、35ドルのほうに泊まった。


泊まるバンガロー。少し上り坂になっていて、蚊も少ない。
テラスにハンモックがかかっていて、気候も木陰でハンモックに揺られるのにちょうどよい。

バンガローの中の様子。
安宿に比べてやはり広いし、シャワーもトイレもあって、電灯もついている。ホットシャワーはもちろんない。
部屋の中にベッドが2つあり、テラスにも一つあるので、三人で泊まれる。


Paradise Bungalowのレストラン。
カンボジア料理、西洋料理などいろいろ食べられる。

メニューに刺身があったので、食べてみた。6ドル。
味は、まあおいしかった。
にんじんとかきゅうりとかガーリックチップとかと一緒に、すっぱいのとか辛いソースにつけて食べる。
刺身もけっこう薄く切っていて、野菜やにんにくと一緒に個性の強いソースにつけて食べると、魚の味がよく分からない。
野菜と調味料を食べているとぬめぬめした軟らかいものの食感が混ざってくる感じだ。

フィッシュアンドチップス。4.5ドル。
島に来たらやはり魚を食べないと、という強迫観念のもと、魚をかぶせて食べる。やはりおいしい。


翌日には、午後3時半にボートが出るので、それまで島の反対側にあるビーチにいってみた。

ビーチへの道の入り口。
けっこうな山道を、1時間以上歩く。

こういう案内板が時折出ているほか、木の幹にサンダルを打ち付けて印にしている箇所もある。
人通りもたまにあり、裸足で歩いている旅行客もたまにいたが、ロープが張ってあるけわしい岩道も3箇所くらいあり、枯葉が多く小枝や小石もたくさんあるので相当危ないと思う。


1時間歩いてようやく着く、ロンビーチ。
今まででも十分だったが、さらにきれいなビーチがでてきて、驚いた。

水もさらにきれいで、砂浜も広く、波もやはり静かだ。
水がきれい過ぎて、プールに浸かっているような錯覚に陥り、この水飲めるんじゃないかという気がしてくる。
海に入ると、濁ってて底が見えないと生き物とかぬるぬるしたようなものを踏むんじゃないかという不安で、全然リラックスできないどころか、逆にストレスになるのが嫌なんだけど、ここは底まで見えて、全部きれいな白い砂なので、すごくよかった。
もっと何日もゆっくりしたかった。

それから、埠頭まで戻り、ボートに乗り、シアヌークビルへ戻った。
Dadaゲストハウスに戻ったら、春節が終わったということで半額の15ドルで泊めてくれた。
このへんの欲張らない感じが、いい国だな、と思える。

他にも、バーが並んでてそこで女の子をどうにかできたり、カジノがあったりする。
その割には、静かでのどかで食べ物も宿も安い。
というわけで、シアヌークビルはとても気に入った。
posted by からみもち at 02:50| 上海 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行観光(東南アジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

プノンペンにいます。

シェムリアップに着いて、バタンバンを経て、プノンペンに来た。
シェムリアップは二回目だったが、アンコール遺跡群はやっぱり素晴らしかった。
バタンバンは宿が安く、街並みもフランス植民地時代の建築物が残っていて、のんびりできる。
という訳で今プノンペンにいるが、今の気候は、昼間は30度以上になるが、乾季で湿度が低く、川沿いで風があるので、日陰だと涼しい。夜も、扇風機があれば十分なくらいで、結構過ごしやすい。

食べ物は、タイとベトナムに挟まれた地勢のとおり、その二国の料理の合いの子みたいな感じだ。
ココナツミルクが入ったカレーなんかも食べるし、麺屋でよく出てくるのはベトナムのフォーみたいなあっさりしたスープとビーフンで、レモンを絞って食べる。テーブルにはナンプラーとスイートチリソースが置かれている。
それから、中国の広東省の潮州の華僑が多く渡ってきた歴史があり、その影響で包子や油条や粥なんかを食べるらしい。
カンボジアのカレーは八角や桂皮などを使っていて、その辺も中国の影響が入ってるのかなと思った。
面白いのが、納豆と味噌の合いの子みたいな調味料があって、それを麺に入れると納豆の味噌汁みたいになってよい。

トゥクトゥクの運転手もそんなにしつこくなく、断わると追ってこない。
カンボジアの人々は他の東南アジアの国々と同じく、明るくて人懐こい。
posted by からみもち at 22:31| 上海 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行観光(東南アジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月08日

ホイアン

Hoian002.JPG
ホイアンはベトナム中部の古鎮で、その町並みが世界遺産に登録されている。
アクセスは、鉄道が通ってないのでバスしかない。フエからバスで行った。4時間くらい、10万ドン。列車の場合はダナンで降りてバスで1時間くらいで着く。

Hoian003.JPG
ホイアンの地図。川沿いの一帯の赤いエリアが古い景観が保管されている。中国南方の古鎮のような外観で黄色い壁の建物が並んでいる。とても風情がある。
この時の10月初旬の気候は、半袖半ズボンで熱くも寒くもなく過ごせ、風も少なく、外で食事するのに調度良かった。曇っている時間が若干多い。

Hoian004.JPG
日本人橋。ホイアンで一番の観光スポット。16世紀末に移住してきた日本人が架けたという。

Hoian005.JPG
建物の中にはこんなふうに窓枠や内装が青い建物もある。
Hoian006.JPG
川沿いに建物がいい感じに並んでいる。川の北側のエリアは車の侵入もできないので、ゆっくり散歩できる。
船の船体も青く塗られている。壁は黄色で木材は青色に塗るのかな。何か意味があるのか。

Hoian007.JPG
ホイアンではここに泊まった。Thanh Binh Hotel。Le Loi通りとTran Hung Dao通りの交差点南にある。ツアーや切符の手配もカウンターででき、値段も手頃でなかなかいい宿だった。
Hoian008.JPG
泊まったのはこの部屋。26万ドン。2階の角部屋で風通しもよく、清潔。ただし、たまに天井からアリが降ってくる。謎だった。

ホイアンにはこの宿で3泊した。古鎮をふらふらしてると結構時間が潰せる。
古鎮の中には日本人橋を含めて古い屋敷が何箇所があって、そこを何箇所か選んで見られるチケットを9万ドンで買って、それらを見て回ったり買い喰いしたりしてると簡単に時間が過ぎる。
ホイアン近郊の観光地では、「ミーソン」という仏教遺跡と、Cua Daiビーチに行った。

Cua Daiビーチはホイアンの東へ4キロくらい行ったところにある。Cua Dai通りをまっすぐ進めばいいので行くのは簡単。レンタサイクル(3万ドン)で行った。
Hoian009.JPG
Cua Daiビーチ。砂が細かく、ゴミも落ちていず、食堂やシャワーやシート等施設も整っている。海水の色は緑色で、かなり遠浅。波は結構高く、浅いからと油断してると塩水をおもいっきり飲むことになる。
シートが3万ドン、水が1万ドンで何時間か気分よく過ごせた。

ミーソンにはツアーで行った。約8ドル。午前8時にバスで出発し、午後1時にはホイアンに戻れた。10時前にはミーソン遺跡に着いて、11時45分には帰路に着いた。あっさり見終わった。
Hoian010.JPG
遺跡はこんな感じで、クメール様式の寺院の廃墟が4つの区画に分かれてある。アメリカ軍の爆撃で徹底的に破壊されたらしく、見所は殆ど無い。正直行かなくてよかったかなと思う。

Hoian011.JPG
ホイアンの川沿いの通りで夕焼けに向かい撮影。夕暮れや夜景も綺麗な街だ。
Hoian012.JPG
立ち並ぶ店店が照明を灯していて、とても風情がある。三脚を使い夜景モードで撮影。
Hoian013.JPG
日本人橋を撮影。シャッタースピードは20秒。こういう形で良い感じに照明が街中で灯されているので、撮影意欲に駆られる。
Hoian014.JPG
ベトナム提灯が売られている風景。綺麗だけど、買って持って帰る気にはなかなかならない。
Hoian015.JPG
アンホイ橋。綺麗に照明で飾られている。この橋が架かっている川の両岸はレストランが並んでいて、照明も豊富で夜景が綺麗だ。

ホイアンは食事もとても美味しかった。レストランでは新鮮な魚料理や生ビールなども楽しめ、屋台メシも負けずに美味しい。
Hoian016.JPG
このおばさんの屋台ではホイアン名物チキンライスを食べさせてくれる。アンホイ橋を渡ってそのまま真っすぐ行ってすぐのところでやってた。
Hoian017.JPG
チキンライスにスープとお茶がついて、3万ドン。これがホイアンで最高の美味だった。炒めたご飯に鶏肉の蒸したのと玉ねぎとハーブがたっぷり乗っていて、ライムを絞ってかき混ぜて食べる。炒めたご飯の油感よりハーブの清涼感とライムの酸味が勝ち、いくらでも食べれる感じになる。おまけにスープとお茶までついている。ベトナムの屋台のクオリティは素晴らしい。

Hoian018.JPG
ここもまた屋台。どこかの十字路の隅でやっていた。生春巻きの屋台。具のメインの肉は焼き鳥。甘めのタレで焼いてあり、そのまま食べても結構ウマそう。国慶節中だったので、旅行で来ていた中国人たちがたくさんいる。
Hoian019.JPG
これがこの屋台の生春巻きセット。5万ドン。味はまあまあ美味しかったが、衛生面での不安がそこそこあった。隣で食べてた7〜8歳くらいの女の子が、肉を食べきっても春巻きを作って食べ続け、最後のソースまで皮で綺麗に拭いて食べてたのが印象的だった。

Hoian020.JPG
これは川沿いのレストランで食べた、魚の切り身のステーキにきのこソースをかけた料理。6万ドンくらい。それに生ビールが9,000ドン。魚はブリとかスズキ系のしっかりした感じで、味付けもとても良かった。少なくとも中国ではなかなか食べられない。

まとめると、ホイアンはやはりとてもいい観光地だった。古鎮という括りで言うと、中国を含めてもここに敵う古鎮はないのではないかと思う。景観の保存状態、黄色い壁の並んだ町並みの個性、夜景の美しさ、食べ物の美味しさ、宿の質と量、静けさ、快適な気候、さらに海水浴場と、全てにおいて揃ってる。
やはりホスピタリティのスキルの優劣が観光地としての総合力にいろんな面で影響を及ぼしてしまうのだ。

Hoian021.JPG
posted by からみもち at 02:36| 上海 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行観光(東南アジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする