2017年04月03日

上海から日本の食材が消えた件

毎年3月は、全人代が開かれ、それに合わせて新しい法律が沢山公布される時期だ。
全人代が終わると、3月15日の国際消費者デーになり、商品に関するクレームなんかがいろいろ特集され、キャンペーンが張られる。

今年は、日本の放射能汚染食品が、輸入を禁止されているはずが野放しになって普通に売られている、という題材を中央電視台が取り上げたらしく、その後、上海のスーパーからあらゆる日本の食材が撤去されてしまった。
刺身や弁当やお菓子や調味料を含め、あらゆる食材が消えてしまった。
日本の中でも東日本の特定の地域が禁止対象だが、とりあえず全品検査するとかなんとかで、全てがなくなった。

自分は普段そんなに日本の食品は食べていないが、納豆がなくなったのは痛かった。
一時期家で自分で納豆巻きを作って食べるのにはまって、その時期には週3回くらい納豆巻きを食べていた。
最近はそれも下火になっていたので、ダメージは少なかったが、それでも食べられないとなると食べたくなるものだ。
納豆を自分で作ろうと思い、ネットで保温器を調べ、哺乳瓶を温めるやつしかなかったから、思い切って細菌培養実験用の保温箱キットを2,000元出して買おうかと思ってしまった。

それで、最近になって職場の近くのデパート地下のスーパーに行ってみたら、日本食材が復活していた。
このデパートは、去年開店したばかりで、無印良品やダイソーや山崎パンなんかが入っていて、日本人にはそこそこ使い勝手が良い。
以前は惣菜もなかなか充実してて、午後6時にはもう安売りしていて、弁当なんかは2個で1つの値段になる。
それで、刺身を買ってみた。

IMG_20170331_190551.jpg
2割引で78元。
「不能生食」という不可解な表示がある。
売り場には「必ず煮て食べてください。」という小さな立て札が立っていた。
刺身なのに煮て食えとはこれ如何にと思い、売り子のおばさんに聞いてみた。
おばさんが言うには、20日に食品安全条例ができて、それで「生食証」がなかったので生食のものが売れなくなったけど、モノ自体は以前の通りなので、そのまま食べてちょうだい、ということだった。

要するに、中国ではありがちな、新しく規定ができてキャンペーンで取り締まりを行うものの、形だけやって後は何もしないで今まで通りという、ズルズルな感じのやつだ。
おばちゃんが普通に本当のことを言っちゃうのもすごい。
また取り締まられるんじゃないかと心配になる。
ラベル:上海 食べ物
posted by からみもち at 02:26| 上海 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

家賃が上がった件

ちんたらと過ごしている間に、上海ももうすっかり暖かくなってしまった。

3月に入って、1年経つのでアパートの契約を更新する時期になった。
何の連絡もないので、こちらから連絡してみたら、こんな返事が来た。
Screenshot_2017-03-05-17-19-25.png
家賃を上げる、という。
それも、3,100元から3,300元と、7%も値上げされていて、日本人の感覚ではありえない値上げだ。
何で長く住んだら高くなるのか、意味が分からない。
自分から連絡してこないくせに、こんなメールを返して来やがった、とかなりいらっときた。
しかし、ここ最近は不動産の値上がりがひどいので、一応ネットを調べてみた。
そしたら、こんなことになっていた。

2016fangjiazoushi.jpg
住んでいる地区の中古物件の上昇グラフ。
何と去年の同時期から22.4%も値上がりしていた。

全体がいくら値上がりしようが借りてる方には関係ない。
しかし、貸す方は投資として物件を買っているので、値が上がったら売りたい気持ちも芽生える。
それに他の人に貸せば、相場に応じて高い家賃で貸せるので、仲介手数料と次の借り主と契約するまでの期間と、今の借り主に貸し続けた場合の利益の兼ね合いになる。
つまり、この値上げは相場の上がり幅や借り主を変えた場合のマイナスなどを考えると、合理的だ。
しかし、とりあえずふっかけてきている可能性もあるので、とぼけて値下げ交渉してみた。

Screenshot_2017-03-04-22-24-33.png
そしたら、3,400元という返事がきた。
これはやぶ蛇だったか、と思い、即座に3,300元でOKした。
まあこの物件は駐車場もあるし地下鉄の駅からもそこそこ近いので暮らしやすいし、引っ越して同条件の物件を新しく探すのも手間がかかる。
しかし毎年こんな交渉をしないといけないのは本当に面倒くさい。

上海の家賃は本当に高い。
どんどん住みにくくなっている。
ラベル:住宅 上海
posted by からみもち at 22:08| 上海 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 生活環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

新居について

3月に引っ越しをした。
理由は、前回書いたとおり、大丈夫だと言われていた前の道路で駐車違反を取り締まられたからだ。
やはり、大家とか警備員とか、責任のない人間がどんなに調子のいいことを言っても、絶対に聞いてはいけない。
今回でも、解約時に大家が手のひらを返し、確かに大丈夫とは言ったがそれはその時の情報に過ぎず、将来について保証したものではないので、今回の解約は違約に当たるので保証金は全額没収する、と言い出した。
温和な顔してとんでもない食わせ者だったのだが、事前告知期間1ヶ月のところを2週間で解約して、未払いの2週間分については何も触れてこなかったので、痛み分けということにしてとっとと手を打った。

それはともかく、引っ越し先の場所は、前の住所から歩いて1キロくらいの距離で、とても近いところにした。
会社に通いやすいし、スポーツジムの契約も半年残っているので、近場がよかったのだ。

jingyang05.jpg
居住区前の金楊路という道路。
商店が多く、結構賑やかな道路だ。
この辺りは、「金楊街道」という区域だ。金楊街道は、地下鉄6号線でいうと、徳平路駅から金橋路駅までくらいの間の地域。
「街道」というのは日本で言う町みたいな行政単位で、市役所の出張所があったり、警察への届け出だったり、選挙なんかも「街道」単位でやるらしい。ちなみに、「街道」というのは旧い言い方で、今は「社区」という。
前の住所よりだいぶ賑やかで、地下鉄の駅からも近い。

jingyang04.jpg
居住区の入り口。
そこそこスペースがあり、駐車できる場所はどこかしらにある。駐車カードの手続きをすれば、月100元で駐車できる。

jingyang01.jpg
新居。この部屋1部屋だけ。10畳くらいか。6階で、窓ガラスも大きいので、日当たりが良い。

jingyang02.jpg
台所。全部新しく内装をしなおしていて、とてもきれい。

jingyang03.jpg
洗面所。無駄にそこそこ広い。

内装が新しく、ドアや窓も新しいのですきま風がないのがよいところ。
居住区自体も、商店街や市場や地下鉄の駅が近く、条件がだいぶ良い。
家賃も3,100元で、前に比べて100元しか上がってない。
この物件が探し始めたその日に見つかる、というのはとてもタイミングが良かった。
尋ねた不動産屋が、一年半前にこの金楊街道に引っ越してきた時、初めてお世話になったところで、去年も尋ねたのだが結局他の不動産屋の物件に決めて、今回も義理立てして初めてのところに尋ねたら、いろいろ探してほかの店からも探してくれて、この部屋も大家の希望は3,300元だったらしいところを3,100元に下げさせてくれた。
その不動産屋が地元のおばさんがやってる不動産屋で、大手チェーンとかではないのでその店にずっといて、自分のこともずっと覚えていてくれているので、そういう点もよかったのかな。

金楊路には食堂もたくさんあって、評判の高い名店も存在する。
jingyang07.jpg
金楊拉麺王、という店。金楊路沿いの金口路と棗庄路の間にある。
上海名物の紅焼牛肉麺というラーメンの店で、いつも混んでる。

jingyang06.jpg
紅焼牛肉麺の大盛り。28元。
ざっくり言うと、蘭州ラーメンに紅焼肉を入れたような味。
牛骨ベースに棗やら八角やら何種類も薬膳材料を加えたようなスープで、麺も店内で手打ちしている。
肉も、牛の赤身肉がたっぷり載っていて、味が染み込んでいてとても美味しい。
紅焼牛肉麺の店は上海にたくさんあるが、ここのはよく出来てると思う。

しかしこっちのラーメンは、何十年前の東京でどの店でも同じような醤油ラーメンを出しているような状態で、店ごとのバリエーションがないので、この店の紅焼牛肉麺が特別に違いがあるわけではない。
肉や麺やスープがちょっとずつ美味しいだけだ。
ラベル:上海 住居
posted by からみもち at 03:00| 上海 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

早くも引っ越し

季節もこの頃は春を迎えつつあるようで、寒い日と寒くない日が交互に来るような陽気になっている。
今のところに引っ越してわずか半年だが、また引っ越すことになった。
それというのも、家の前の道路に車を停められなくなってしまったからだ。
そもそも、居住区の敷地内に空いている駐車スペースがなく、居住区の前の道に駐車できるというので契約したのだが、道路を挟んで向かいに小学校があり、こちらの学校では子供の送り迎えに自家用車を使う家庭が多く、路駐している車があると登下校時に大変な混雑になるので、最近になって交通警察の取り締まりが来るようになったらしい。
こちらとしては話が違うと言いたいが、路駐しているのがそもそもおかしいので、思い切って引っ越すことにした。

自分は引っ越しはあまり嫌いな方ではないのだが、引っ越してきたのが半年前で、引っ越し業者と連絡を取ったり段ボールを調達したり荷物を詰めたりと、まだ面倒くさい思い出が消えていないうちにまた引っ越しというのはさすがに面倒くさい。
特に段ボールの受け取りが面倒だ。引っ越し業者の段ボールは値段が高いし30個とか多くからしか持ってきてくれない。
だからアマゾンとか天猫とかネットで買うのだが、日付とか時間とかの指定ができない。
突然平日の昼間とかに携帯に電話をよこして、こっちが家にいないと分かると、門の警備に預けるとか言い出す。門の警備ならまだいいが、隣の家に預けるというケースもあり、これが本当に困る。
コンビニで代わりに受け取ってくれるサービスがあるようだが、このサービスは大きな荷物の場合は使えないようだし、そもそも今の家の近くにコンビニがない。
そこで考えた方法が、ネットショッピングモールの中で、段ボールを扱ってる業者で、注文から1〜2日で確実に届ける、という上海の業者を探し、金曜日に注文する。
うまくいけば、土日に家にいれば受け取ることができるはず、という作戦だ。
なんでこんなことで頭を悩ませなければならないんだ、という話だが、イライラする気持ちをやり過ごしていかないとこの国に居続けるのは難しい。

引っ越し先を探すのも面倒が多い。
上海の近年のマンションの値段はものすごく高騰しているようで、2年くらい前は1平米3万元くらいだったのが、今は5万元になっているという。
賃貸も、2年前に3千元で借りれた部屋が、今は4千元になっているという。
自分の場合は特に車があるので、駐車場に空きがあるところを探すのがとても難しい。
車がなければもっと会社に近い場所に住めるし、余計な出費もないし、そもそもあんまり乗らないし、何で車を持ち続けているのか疑問になる。
というわけで、新居をなるべく早く探さないといけないが、家賃が安く駐車できるところを探すのがさらに難しくなっている。
なので、探すのに時間がかかるかな、と思っていたが、探し始めたその日に見つかった。
今度の住居は地下鉄の駅に近く、内装も断然きれいで、居住区内に駐車スペースもあるし、家賃も3,100元で、以前と大して変わってない。
条件がだいぶ良くなってるのに値段が変わらないのは、部屋の面積が若干小さくなっていて、間取りが1LDKから1Kになったからなのかなと思う。
そもそも一人暮らしの身で寝室とリビングが別々なのが、移動するのが面倒だったので、一つの部屋になってくれたのがありがたい。

というわけで、新居を探すのはものすごくうまくいった。
半年前なんか何週間も不動産会社を何社も回ってもろくな部屋が見つからなかったのが嘘のようだ。
億劫だったけど早く動いて結果うまくいった。
まあ今回は運が良かった。
何回も引っ越していればこういうこともある。
ラベル:上海
posted by からみもち at 02:37| 上海 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする