2021年01月31日

1月の近況等について

2021年になって早くも1月が終わろうとしている。
ブログの更新も、前回が10月の更新だったということで、そんなに空いてたかと驚くとともに、全く気にも留めてなかったことにも驚いた。

一月中は何かをやった思いはあるが、何もせずに過ぎていった。
12月の終わりに休暇を消化するために海南島に旅行に行って、その余韻で過ぎた感じだ。
仕事も順調で、何の変化もなく恙無く過ごしていた。

P1210278.jpg
海南島の亜龍湾の海水浴場。
海南島と言えばこういうビーチリゾートのイメージが強かったが、北岸の海口の方では海のシルクロードの中継地として昔から栄えていたらしく、中西融合建築群が沢山残っていたり、その他、黎族や苗族といった少数民族の村も沢山あったり、海南鶏飯を始めとする個性溢れる伝統料理も多かったりと、楽しめる箇所が多かった。
自由貿易試験区に指定され、海外からの投資もより活発になっていくだろうし、そもそもリゾート地として開発が進んでいて、外国人の受け入れ体制もあったので、今後益々過ごしやすくなると思う。
今度はマイナーな観光地を回ってみたいなと思わせるような潜在力を感じた。

2月の春節休みも海外に出れないので、中国国内に旅行しようかと思っていて、雲南省の元陽棚田に行こうと予約も済ませたのだが、中国国内でもコロナウィルスが再び流行って来ていて、中止にした。
日本でも緊急事態宣言がまた実施されたというニュースを聞いて、中国にいるおかげで暢気に旅行が出来ると思っていたが、そうはいかなくなった。
今回の流行の中心は河北省で、数百もの症例が出ているらしい。

上海市内でも新たな症例が数例出ていて、それが海外から運ばれたのではなく国内での症例だということで、再び厳戒態勢に入っている。
デパートとかビルに入るときに検温と携帯アプリの健康コードの提示を求められるようになった。
それから大規模な集会や食事等が自粛になって、会社の忘年会も中止になった。
春節休みも市外への旅行の自粛が提唱され、「非必要不出行」というスローガンで、休暇中は市内で過ごすことが奨励されている。
春節休み中に市外へ出る人は行き先とスケジュールを会社に届け出なければならない。
各省の政策もバラバラで、雲南省昆明市なんかは、省外から来る者全てに対して7日以内のPCR検査陰性証明を提示させるようになっていて、その政策の終了日も定められてないので、日程の順延も難しい。

というわけで、春節休暇の旅行は中止にせざると得なかった。
その代わりと言っては何だが、上海市内の高めのホテルに泊まって旅行気分を味わうことにした。
やっぱり上海が食事は一番美味しいし、日本料理屋も沢山あるので、久々に古北や静安寺辺りに行って日本人気分を味わってみようかな。
posted by からみもち at 03:36| 上海 | Comment(0) | できごと・感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: