2020年10月26日

10月の過ごし方

10月も終わりか。というか今年も終わりか。
あっという間に長袖に上着を羽織る季節になった。
今年はコロナ一色だった。
相変わらず中国に閉じ込められてる。
そもそも航空券が売ってないし、出て行きようがない。
国慶節もどうしようかと思ったが、やはり中国国内を旅行することにした。

bbbP1190898.jpg
行ってきたのは、湖北省西部の恩施とその周辺。
湖北省と言えば新型コロナウィルスの発生源の地だが、今は逆に最も安全な場所とも言われている。

今年は8連休で海外に行けないこともあり、メジャーな観光地はものすごい混雑が予想されたので、恩施というそこまで人気ではない場所はアリかなと思った。
結果は、この地方はこの時期ずっと雨らしく、旅行中も雨ばかりでホテルに引きこもりがちになった。
土地によっては外国人の受け入れに7日以内のPCR検査陰性という条件をつけている所もあり、スケジュールも思うように立てられなかった。

五峰県という場所の某国際ホテルが、「国際ホテル」という名前なのに予約サイトで外国人宿泊不可になっていて、宿に直接電話してみたら、「宜昌空港の要求通りにしている。」と言われ、宜昌空港に電話してみたら、「携帯アプリでOKだったら問題ない。」と言われ、また同じ宿に電話してそのことを伝えたら、「県の検疫部門に、外国人は7日以内のPCR検査陰性を要求されてる。」と言われ、今度は県の検疫部門に電話したら、「宜昌空港がOKだったら問題ない。」と軽く言われ、「本当に大丈夫か。宿への宿泊も風景区への入場も出来るのか。」と詰めたら、「PCR検査結果を一応持って来てくれ。」と言われた。

久々に如何にも中国という対応を受け、呆れたけど逆に新鮮というか。
それで7日以内の検査結果なので、上海で受けても期限切れになるため、今度は恩施市の病院に電話して、PCR検査やってるかと聞いてみると、休み中でもやっていて、半日くらいで結果が出ると言われた。
行ける目算はたったけど、丸一日PCR検査で旅行中の時間を潰すのも勿体ないので、結局五峰県には行かず、予定を立て替えた。
本当に余計な労力を割かせられる。
外国人は僻地を旅行しづらい状態がまだまだ続くようだ。

というわけで、恩施近辺の比較的メジャーな観光地をそれなりに回った。
土家族の古里を巡る旅というようなテーマになると思う。



2020102601.jpg
去年くらいから開業した陸家嘴L+mallという商業施設。
これが出来たため、地下鉄2号線東昌路駅と9号線商城路駅を地下道で結ぶようになり、とても便利になった。

2020102602.jpg
L+mallの5階。仕事終わりに最近よく行く。
スターバックスの他に喫茶店が2軒あって、空いてる店を選べるし人も少なめなので、気に入っている。

2020102603.jpg
5階のPeet's cafeという喫茶店。
スタバの机席が埋まっていることが多く、ここに落ち着くことが多い。
もう一軒はWifiが入ってないのであまり行かない。

2020102604.jpg
紙コップのホルダーのイラストが中華風でおしゃれ。

2020102605.jpg
地下1階には、麺屋武蔵がある。
午後7時なのに客足は少ない。

2020102606.jpg
つけ麺。70元。
この量でこの値段は正直高い。
環球金融中心の地下食堂のつけ麺屋は38元でチャーシューと麺がこの倍くらいあった。
今のままだと撤退も時間の問題だと思う。

2020102607.jpg
同じく地下1階にあるおにぎり屋さん。
こちらは列が出来ていて繁盛している。おにぎりというより手巻き寿司だ。
具材は、肉だったりチーズだったり、台湾系の具材で、サブウェイみたいにその場で巻いてくれる。

2020102608.jpg
包み紙は日本風。15元だった。
何か恵方巻きみたいな食べ物だった。
こういうサービスが出てきたのが面白いと思う。
posted by からみもち at 04:48| 上海 | Comment(0) | できごと・感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: