2020年02月15日

在宅勤務中

表題の通り、在宅勤務中だ。
今週の月曜日に春節休暇が明けて出勤したのだが、職場全体が今週いっぱいは在宅勤務ということになった。
月曜日に出勤したときは、通勤中の人の少なさに驚いた。
いつもは満員の地下鉄も、余裕で椅子に座れるほどだった。

出勤しても、まずビルの入り口で帳簿に記載して体温を測られ、職場での指紋認証も中止となり、さらにビル自体が暖房を入れず、とっとと帰れと言わんばかりの態勢だった。
それでも寒さに耐えながら事務室にいると、まもなくお達しが来て、今週いっぱい在宅勤務と知らされた。


そういうわけで、人生初の在宅勤務となった。
やってみると、最高に快適だった。
朝起きてメールやSNSをチェックして、連絡があったら返して仕事の予定を立てる。
疲れたらテレビを見たり体を動かしたりし、お腹が空いたら飯を作る。
外に一歩も出なくて良いし、着替えも髭を剃る必要もない。

もうこれからずっと在宅勤務にしてくれれば、すごく楽だ。
そもそも、今までもメールで仕事のやり取りをすれば全て済むので、わざわざ出勤する必要は全くないのだ。
しかし仕事がないときは一日中ないことも多いので、そうすると本当にただ家で休んでいるだけになり、自分が何をやっているのか分からなくなる。
コロナウィルスの影響でスポーツジムも未だに休業してるし、運動を全くする機会がないのも困りものだ。

20200215004556.jpg
今週の11日に、上海市浦東新区より発行された通知。
武漢とかの危険地域から帰った者は14日間外出禁止だとか、午前と午後に体温を測って記録しろとかを命令している。
状況が良くなるどころか、ますます厳しくなっている印象を受ける。

2020021503.jpg
自宅マンションでも、また管理人室で名前などを書かされ、このカードを渡された。
このカードを持ってない者は全て進入禁止となった。
郵便や出前を受け取るときは、こちらがマンションの外まで出て受け取らないといけない。
外に出るにはいちいちマスクをしないといけないし、マスクをするとそのマスクを洗ったり消毒しないといけないので、ますます億劫になる。
しかしこういう時ほど、用事が生まれる。

2020021502.jpg
中国電信の営業所。
こういう時に限って、1年前に入金したインターネット回線のチャージが切れてしまった。
さらに、偶然同時に携帯電話のチャージも切れてしまうという不運に見舞われた。
最寄りの中国電信はコロナウィルスのため軒並み閉まっていて、また地下鉄に乗って、数日前に来たばかりのこの大きな営業所に来た。

2020021501.jpg
張り紙が色々増えていた。
相変わらず客は少ない。
地下鉄もバスも人が少ないし、春節前までの人混みが嘘のように消え去っている。

FnpqDRc-bhn-l9GdZiwa0l4TOD09.jfif
3月15日に開催予定だった、蘇州金鶏湖マラソンも、延期となってしまった。
まだ1ヶ月先なのに、それだけ収束する目処が立たないということなのだろう。
抽選に当たってたのに、とても残念。
まあマスクしながらマラソンするわけにも行かないし、練習も出来る状況ではないので、諦めるほかない。

しかしこの状況がいつ終了するのか見当も付かない。
日本国上海領事館の天皇誕生日イベントも中止になったというお知らせもあった。
どれだけのイベントが中止になっているのか。
5月の連休も、折角今年は5連休なのに、このままでは中国国外に出られる状況になく、もちろん中国国内はどこにも行けない。
posted by からみもち at 04:48| 上海 ☁| Comment(0) | 生活環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: