2019年02月25日

引っ越しの時期になった

20190224003.jpg
早くも、花が咲く季節になった。2月も終わりだ。

20190224004.jpg
花のアップ。桜かな。

春節の雰囲気も去って、3月に入れば中国は人民代表大会のシーズンだ。
仕事は減り気味、収入は増え気味で、年を取るとはこういうことなのかと思ったり。
勤務先で戦力がどんどん減って、それで顧客も増やせないからジリ貧だ。
あと何年続くのか、それとも今年何か変化があるのか、そんなことを考えながら、それでも時間はジワジワと過ぎていく。
緩やかな崩壊を円の中心で待っている感じだ。

20190224001.jpg
少し前に書いた、シェア自転車業界の勢力図も大きく変わっている。
以前は街に溢れていた黄色いofoの自転車がすっかり姿を消し、mobikeがほぼ占領している。
ofoはもはや破産寸前で、デポジットを返さないから消費者から訴訟も起こされているという。
破産のそもそもの原因は、初期投資が莫大なのに利益が余り上がらない、というシェア自転車の業態そのものにあるらしい。
そうするとmobikeも同じ事態に陥るんじゃないかと心配だ。
シェア自転車自体は非常に便利なので、消滅しないでほしいが。
シェア自転車界隈の栄枯盛衰は本当に激しかった。中国企業を象徴しているようだった。


アパートの契約更新の時期になって、ついに引っ越すことになった。
中国の物価もどんどん上がって、日本の地方都市で暮らすのとコストが変わらなくなっている。
築20年くらいのボロアパートの売買価格が50平米で200万元以上する。
30年が寿命とか言われているのに、そんなに高いのは、不動産の値段は絶対下げないという政府への信頼に基づいている。

賃貸も、3500元でも探すのが難しくなっている。
シェアスペース付きのオシャレな単身用マンションなんか、20平米くらいの日当たりの悪い部屋が4000元近くもする。
不動産屋のおばちゃんに連れられて内見に行ったが、結構若い人が出入りしてて、よくこんな高いところに住むんだと思った。
そしたら、見終わって敷地を出た途端、あそこは治安が悪いから住まない方が良い、あんな所に住んでるのはみんな水商売の女だ、じゃないとあんな高いところに住めない、とか言い出した。
確かに化粧の濃い綺麗な女が多かったので、すごい面白かった。

今度は、久々にホテル型マンションに住むようになりそうだ。
電気代がどれくらいになるかが恐ろしい。

20190224005.jpg
ボーナス時に現金で貰った分の札束。全部で3万元ある。
日本円にすると50万円程度だが、最高額紙幣が100元なので、こんなになってしまう。
もはやあまり現金を使わなくなっているので、札束で膨れた財布を持ち歩くことも少なくなってるが。
ホテル型マンションで電気代が多少かかってもいいや、と思ってしまっている。
お金が潤ってくるとすぐ気が大きくなるから、我ながら本当に良くない。

20190224002.jpg
カンボジアのロンサレム島。春節休みに行ってきた。
もはや貧乏旅行ではなくなってしまったが、バチが当たったのか、旅行中ずっとお腹を壊していた。
本当に最悪だった。碌な旅行記にならないと思う。
posted by からみもち at 00:47| 上海 | Comment(0) | できごと・感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: