2018年04月23日

4月は何かと散財しがち

春も過ぎようとしていて、すっかり暑くなってしまった。
上海の昨日の最高気温は26度だった。
浦東地区では、ハーフマラソン大会も開催され、参加した人たちは大変だったんじゃないか。

自分は参加しなかった。
それどころか、最近はジムも行かず、運動不足で体調がおかしい。
でも4月はマラソンどころではなく、車関連で毎年面倒くさいのだ。
違反の罰金を払ったり、車検に行ったりしてたら土日が簡単に潰れる。
去年などは、免許の更新に加えて上海以外の地区での交通違反が判明し、わざわざ有給休暇を取ったのに、手続きが5月までずれ込んで、罰金を払う羽目になった。

2018042201.jpg
蘇州車両検査場。
江蘇省のナンバープレートなので、車検は江蘇省に行く。毎年行かないといけない。
日曜日は比較的すいているらしい。

右側に並んでいるプレハブみたいな長屋で、検査行程の代行をしてくれる。
検査場の敷地に車で入る前から、この長屋の人たちが、当たり屋みたいな勢いで声をかけてきて、かなり怪しい。
でも、公営の車検場の敷地内で営業してるので、公的に認められた商売なんだろう。
中国ではこんなふうに、行政に近づくと前近代的なしくみに突然ぶち当たる。


最近、ノートパソコンを買った。
2年少し前に買った中古のvaioが勝手に電源が切れるようになってしまったのだ。
CPUの冷却機能の不具合だとは思うのだが、ネジを外しても分解できないので、どうにもならない。
冷却ファン付きの台を敷いても効果がなく、これから暑くなるので新品を買ってしまうことにした。

2018042202.jpg
中国の小米(xiaomi)というメーカーのAir13という型式で、4,799元だった。

昨年に発売され、CPUがi5-7200Uで、メモリ8G、SSD256Gで、グラフィックボードにGeforce MX150内蔵、というスペックで、値段の割に高スペックだ。

使い心地は、液晶もクッキリと明るくて見やすいし、キーボードの打ち心地も良いし、掌底を置く盤面がしっかりしていて、薄型なのに軋んだりしないし、その辺がとてもよい。
今まで使ってたのが2011年くらいのモデルなので、性能は今までのよりいいに決まってるが、これがあと何年持つのかが問題だ。


WINDOWS10中国語版がインストールされているのだが、日本語版を昔買っていたので、それを使いたかった。
それで、日本語版を入れてみた。

BIOSの設定をUSBブート可能にして、WINDOWS10のUSBを入れると、インストール画面になった。
その後で、どのパーティションに入れるか、と選ぶ画面になり、4つくらい分かれているののどれも、エラーメッセージが出て、選べなかった。
どうしよう、と思って、ネットで検索した結果、その4つのパーティション全てを削除することにした。
システムが入ってるパーティションとか、バックアップ用のパーティションとかを削除するときは、さすがにしびれた。
しかし、全部削除したら、理屈はわからないけど無事インストールできた。

そしたら、今度はWi-Fiが入らなくなって、また慌てて調べたら、無線機能のドライバが別らしい。
それも、諸々のドライバがxiaomiのホームページからまとめてダウンロード出来るようで、ヒヤヒヤしたが事なきを得た。
http://www.mi.com/service/bijiben/drivers/(シャオミのドライバダウンロードページ)

posted by からみもち at 03:32| 上海 | Comment(2) | ショッピング・買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中国ではガソリンは安いんですか?
Posted by Black_Jack at 2018年05月06日 21:19

今は、上海でレギュラー1リットル7.09元です。
日本円だと120円くらいかな。結構高いか。
Posted by からみもち at 2018年05月09日 22:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: