2016年12月31日

杭州マラソン顛末等

早いもので今年も終わりだ。
しかしこのブログについては放置していてテーマを消化していない。
それも気持ちが悪いので今年のうちに更新してしまおう。
というわけで、少し前のことになってしまったが、杭州マラソン界隈のことを書いてしまおうと思う。

11月6日に杭州マラソンが開催され、それのハーフマラソンに参加してきた。
参加するまでもそこそこ面倒だったが、無事参加し、恙無く終えた。

hzmala001.jpg
黄龍体育中心で事前に受付をし、備品を受け取る。
健康診断書の原本については結局チェックされず、くそ真面目にちゃんと健診やった奴なんていないんじゃないかと思った。

hzmala002.jpg
備品受取所。Tシャツやゼッケンや時間計測チップのほか、お菓子やカップラーメンや飲み物等、協賛企業からの品物がいろいろ入っていた。景気がいいな。

hzmala003.jpg
受付付近では、いろんな会社がブースを構えていた。
健康チェックのブースなんかもあって、申し込みの時にもうチェックしたんじゃないの?という釈然としない気持ちになった。

備品を受け取り終わり、この日は宿に向かった。
宿は、ゴール地点から比較的近い場所に取ったので、スタート地点からはバスで1時間くらいの距離だった。
当日は、8時スタートだが7時40分までにゴール地点まで荷物を運ぶバスに荷物を預けないといけなかったので、6時半くらいに宿を出発した。
マラソンのための道路規制があって、どのバスがいつ目的地に着くのか分からなかったので、タクシーで向かった。
タクシーは7時過ぎに体育公園の北門に着き、マラソンランナーで溢れかえっていた。

hzmala004.jpg
手荷物を預けるバスが並んでいる。預けるとハーフマラソンのゴール地点まで運んでくれる。
みんな貰った黄色いシャツを着ている。この季節は1枚だけだと寒い感じだ。

荷物を預けると、少し歩いてスタート地点に向かう。
hzmala005.jpg
スタート地点付近。
スタート地点は、参加する競技によって違う。
同じ競技内でも、参加人数が多いので、何百人かずつで小分けに配置しているようだ。
そのため、一律に8時にスタートしたが、前の方から順次スタートするので、最初はお預け状態で、スタートしても暫くは歩きになる。
その分は最終集計時に記録を考慮してくれるようだった。

道中は相変わらずの賑やかな風景で、企業の宣伝プラカードを持っている人たちや、仮装している人たちもいた。
西遊記の仮装をした一群もいて、テレビドラマそのままの凝った仮装をしていて、案の定後半はバテていた。
自分の目標は、ただ完走するという低い目標だったので、平素スポーツジムで訓練していた通り、時速を8〜9キロに保ち、競歩に近い感じでゆっくりと走った。
最初はどんどん抜かされていって、悲しくなるくらいだったが、ペースを保たないと後半足が上がらなくなるので、我慢した。
ハーフマラソンのコースは、体育公園からスタートし、西湖東岸を南に下り、復興大橋を渡り、銭塘江南岸を東に下る。
なけなか景色も良く、道も広くて走りやすかった。

hzmala006.jpg
復興大橋。この橋の上り下りの道が坂になっていて、一番きついポイント。
風景は素晴らしい。

hzmala007.jpg
ハーフマラソンのゴール付近の光景。
おかげさまで完走することができた。
ゴール付近にはまたブースが出ていて、水やスポーツドリンクやお菓子を持ち去り放題でどんどん配っていた。
協賛企業もすごい太っ腹だ。
ちなみに個人記録は、暫くすると大会委員会からショートメールで知らされ、公式時計から十数分間短い時間が通知されて来る。

荷物もスムーズに受け取り、すぐに宿に戻った。
ゴール付近からは、地下鉄の最寄り駅まで無料でバスが出ていて、1キロ強とそんなに遠くはなかったが、余力がなかったので乗ることにした。
地下鉄はマラソン参加者は無料で乗れた。
町を挙げた行事という意気込みを感じた。

というわけで、無事マラソンも終えて、翌日上海に帰った。
しかし、その帰り道で交通事故に遭ってしまったのであった。
posted by からみもち at 20:24| 上海 | Comment(0) | TrackBack(0) | できごと・感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック