2016年03月14日

早くも引っ越し

季節もこの頃は春を迎えつつあるようで、寒い日と寒くない日が交互に来るような陽気になっている。
今のところに引っ越してわずか半年だが、また引っ越すことになった。
それというのも、家の前の道路に車を停められなくなってしまったからだ。
そもそも、居住区の敷地内に空いている駐車スペースがなく、居住区の前の道に駐車できるというので契約したのだが、道路を挟んで向かいに小学校があり、こちらの学校では子供の送り迎えに自家用車を使う家庭が多く、路駐している車があると登下校時に大変な混雑になるので、最近になって交通警察の取り締まりが来るようになったらしい。
こちらとしては話が違うと言いたいが、路駐しているのがそもそもおかしいので、思い切って引っ越すことにした。

自分は引っ越しはあまり嫌いな方ではないのだが、引っ越してきたのが半年前で、引っ越し業者と連絡を取ったり段ボールを調達したり荷物を詰めたりと、まだ面倒くさい思い出が消えていないうちにまた引っ越しというのはさすがに面倒くさい。
特に段ボールの受け取りが面倒だ。引っ越し業者の段ボールは値段が高いし30個とか多くからしか持ってきてくれない。
だからアマゾンとか天猫とかネットで買うのだが、日付とか時間とかの指定ができない。
突然平日の昼間とかに携帯に電話をよこして、こっちが家にいないと分かると、門の警備に預けるとか言い出す。門の警備ならまだいいが、隣の家に預けるというケースもあり、これが本当に困る。
コンビニで代わりに受け取ってくれるサービスがあるようだが、このサービスは大きな荷物の場合は使えないようだし、そもそも今の家の近くにコンビニがない。
そこで考えた方法が、ネットショッピングモールの中で、段ボールを扱ってる業者で、注文から1〜2日で確実に届ける、という上海の業者を探し、金曜日に注文する。
うまくいけば、土日に家にいれば受け取ることができるはず、という作戦だ。
なんでこんなことで頭を悩ませなければならないんだ、という話だが、イライラする気持ちをやり過ごしていかないとこの国に居続けるのは難しい。

引っ越し先を探すのも面倒が多い。
上海の近年のマンションの値段はものすごく高騰しているようで、2年くらい前は1平米3万元くらいだったのが、今は5万元になっているという。
賃貸も、2年前に3千元で借りれた部屋が、今は4千元になっているという。
自分の場合は特に車があるので、駐車場に空きがあるところを探すのがとても難しい。
車がなければもっと会社に近い場所に住めるし、余計な出費もないし、そもそもあんまり乗らないし、何で車を持ち続けているのか疑問になる。
というわけで、新居をなるべく早く探さないといけないが、家賃が安く駐車できるところを探すのがさらに難しくなっている。
なので、探すのに時間がかかるかな、と思っていたが、探し始めたその日に見つかった。
今度の住居は地下鉄の駅に近く、内装も断然きれいで、居住区内に駐車スペースもあるし、家賃も3,100元で、以前と大して変わってない。
条件がだいぶ良くなってるのに値段が変わらないのは、部屋の面積が若干小さくなっていて、間取りが1LDKから1Kになったからなのかなと思う。
そもそも一人暮らしの身で寝室とリビングが別々なのが、移動するのが面倒だったので、一つの部屋になってくれたのがありがたい。

というわけで、新居を探すのはものすごくうまくいった。
半年前なんか何週間も不動産会社を何社も回ってもろくな部屋が見つからなかったのが嘘のようだ。
億劫だったけど早く動いて結果うまくいった。
まあ今回は運が良かった。
何回も引っ越していればこういうこともある。
ラベル:上海
posted by からみもち at 02:37| 上海 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック