2012年09月17日

廿八都鎮〜仙霞関(浙江省)

nianxian001.jpg
「廿八都鎮」は浙江省と福建省、江西省の境にある。「廿」は数字の「二十」の意味で、今から1,000年前の宋王朝の時代にこの地区に屯所を設けた時の28番目の屯所なのでこう名付けられたそうだ。
http://j.map.baidu.com/7Oy-u
上海からは、約500キロ、高速道路を車で6時間あまりで着く。公共機関では、列車で「衢州」まで行き、それから「江山」までバスで行き、そこでバスを乗り換えて廿八都鎮に着く。
この古鎮は浙江省と福建省を結ぶ街道沿いにあり、仙霞山地の山々に囲まれた盆地に位置する。昔から交通の要衝として栄えていたが、現在はトンネルも開通し、高速道路も通っているので、現代都市化を免れてひっそりとした環境の中にいる。
nianxian002.jpg
このように、小川沿いに古い街並みが並んでいる。古鎮ではおなじみの風景だ。ただしここは、川の水が綺麗で、周りも山に囲まれ豊かな自然が残されている。川沿いは遊歩道のように整備されていて、散歩できるのもよい。
nianxian003.jpg
廿八都鎮のメインストリート。土産物屋がちらほらある。食堂や宿屋も少ない。他の古鎮と比べると観光客も少なめだが、そこがまたよい。
nianxian004.jpg
文昌殿。この古鎮で一番の建物。清末のものらしい。
nianxian005.jpg
こういう西洋っぽい建物もある。中華民国時代のものらしい。
これらのほか、役所跡とか、関帝廟とか、見所がいくつかある。
nianxian006.jpg
古鎮の夜景。店なんか殆ど開いてない。バーなんか一軒もなく、静かでよい。暗くて空気も綺麗なので、空の星もよく見える。

廿八都鎮は省の境目にあり、交通の要衝だったこともあり、人の移動が多く、いろんな場所から移民が越してきていた。というわけで、人口が4,000人くらいなのに対して姓が140種類くらいあるという、中国でも特殊な町で、「官話」と呼ばれる北京語に近い言葉のほか、幾つかの地域の方言が使われている。姓氏博物館というのもある。
nianxian007.jpg
展示資料。古鎮ではこれらの方言が使われているらしい。この特殊な場所に開けた古鎮の特殊な人口構成が未だ現代に生きているというのが面白い。歴史が感じられる。

nianxian008.jpg
この日は、この「念八都酒店」に泊まった。古鎮の南の入口近くにある。
nianxian009.jpg
この部屋に泊まった。100元。清潔で、景色も良い。申し分ない部屋だ。
nianxian010.jpg
夕食。宿の1階の食堂で食事を出してもらった。豆腐の鍋と野菜炒めという、坊さんが食べるような食事だ。25元。山で採れた草を炒めたという左の料理が、草が春菊か何かハーブのように苦味と香味があって、意外に美味しかった。

そもそもこの古鎮に来た動機は、金庸の『笑傲江湖』という小説の中で出てくるので行ってみたかった。小説の中では、五岳剣派の一つ恒山派の尼さん集団が、北方から福建省の福州に向かうためこの街道を使い、魔教に扮した嵩山派の郎党にこの廿八都鎮で待ち伏せされ、捕まってしまう。その前に北にある仙霞山地の峠を通過し、その際、峠でも待ち伏せされて、そこでは主人公の令狐冲の活躍で撃退した。
このシーンは印象的でもあり、現実の場所も特定できるので、この「仙霞街道〜廿八都鎮」のコースは前から行ってみたかった。
この小説の中で恒山派の尼さん達も通った仙霞街道は今も残っていて、そこも見に行った。

廿八都鎮の北10数キロのところに「仙霞関風景区」というのがあり、そこから旧仙霞街道に上がる。バスはなく、行くには車をチャーターするしかない。
nianxian011.jpg
仙霞関風景区の入り口。入場料45元。仙霞関は第一〜第四まで4つある。客は少ない。
nianxian012.jpg
仙霞街道の路上。石畳と石垣、右側の小川もいい雰囲気を醸し出している。
nianxian013.jpg
仙霞関第一関。この関門が一番立派。ここで折り返して帰ってもいいくらい。両側の山の斜面が迫って狭くなっている場所に堅固に建設してある。石垣も古めかしくて雰囲気がある。
nianxian014.jpg
黄巣(唐王朝末期に反乱を起こし、唐を滅亡させた。)の像。この街道は黄巣が敷設したという。1,000年以上の歴史がある街道なのだ。それを考えると、こんなに観光客が来ずに閑散としてる現状はもったいない。
nianxian015.jpg
第二関。ここまで来ると山道が少し急になってくる。第一関より小さい。
nianxian016.jpg
第三関。峠に差し掛かって平坦になっている。なぜかお茶畑がある。恒山派の尼さん達はこのへんで襲撃されたんだろうか。
この先はもう下り坂なので、元の道を戻ることにした。
この街道は行きづらいのは非常に行きづらいけど、なかなか雰囲気があった。地面の石畳や関門なんかは古道が好きだったらすごく楽しめるのではないか。
posted by からみもち at 05:08| 上海 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行観光(華東地区) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
渋いねぇ。あまり有名じゃない観光地の方が騒がしくなくて良いのかも。
Posted by b_s at 2012年09月19日 20:21
このレベルの観光地で人気が少ない所はまれじゃないかな。この付近だったら他に千島湖とか三清山とか武夷山とかメジャーの観光地があるからそっちへ行っちゃうんじゃないか。
Posted by からみもち at 2012年09月20日 19:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック