2020年08月16日

猛暑真っ只中

上海は今週ものすごく暑かった。
久しぶりに、「中国三大竈」みたいな言葉を思い出した。

2020081601.jpg
外灘の夕暮れ。みんなマスクをしていたが、人出はそこそこあった。

いつの間にか3ヶ月経っている。
コロナのおかげで生存確認じゃないけど一応更新しないとという気持ちでやってたけど、落ち着くと更新する気も薄れるという。
いいんだか悪いんだか。


勤務先では、自分から辞めたのか辞めさせられたのか分からないが、長い間働いてた人がまた何人かいなくなった。
コロナの影響ではなく、会社の長い下り坂の単なる通過点なんじゃないかと思う。
普段から顧客とのコミュニケーションを疎かにしてきたツケだ。
日系企業も産業チェーンの見直しとかで撤退ラッシュがあったらしいが、おかげさまで撤退需要にも一切ありつけていない。
今年から会社のトップは変わったけど、本質的な問題は変わらず、挽回するのは難しいかなという感じがする。


この半年は、本当にコロナウィルス一色だった。
外出時にはマスクを着けて、店はいるときに検温。
近頃は検温は全くしてないけど、交通機関を使うときにはマスクは必ず着ける。
お金を払う時もほぼ全てスマホ決済で、財布の中の小銭が錆びかけている。

旅行も、5月の労働節以来行けていない。
夏中に行こうかと思っていたが、遠出のリスクを考えてなかなか行けない。
武漢では一旦収まっているが、時間をおいて局地的に感染者が発生している。
6月では北京で、その後は広東省や黒竜江省や大連なんかで発生し、最近では新疆で100人以上の感染者が出たという。
さらに新疆から杭州に感染者が移動してきてて、ウィルス潜伏期間が14日以上あったとかでニュースになってた。
一旦感染者が出て、そこが中高度危険地域に指定されると、そこに足を踏み入れた者全てが14日間隔離措置に遭う。
モグラたたきじゃないけどどこから感染者がわくか分からないので、隔離がヤバいからおいそれと旅行にも行けない。

10月の国慶節も人混みに行くのはヤバそうだ。
当然ながら日本にも帰れないし、杭州とかで突如湧いてるのを見ると中国の近場に行くのも躊躇する。
posted by からみもち at 20:10| 上海 | Comment(0) | 生活環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする