2017年09月30日

上海の最近のラーメン事情

上海も最近は雨が多く、すっかり涼しくなってきた。
明日からは国慶節の長期休暇だ。
1週間インド旅行に行くのだが、何処に行くかあんまり考えてない。
このままだとホテルに引きこもりかねないな。

中国の食のレベルも、来た当初に比べると随分上がった。
上海でもここ数年でさらに進化している。

20171001001.jpg
これは以前紹介した、近所にあるラーメン屋の紅焼牛腩麺。肉も軟らかくスープも個性があって麺も生麺で、ローカルレベルではとても完成度が高い。

しかし最近の店は、料理自体の品質以外にもこだわっている店が出てきている。

20171001002.jpg
これは、「和府撈面」という店の紅酒雪花牛肉麺。値段は36元と少し高め。
麺は細めだがかみ応えがあり、スープもさっぱりしてるようでコクがあり、肉も軟らかくて量も多い。
トッピングは「はなまるうどん」みたいに自分でトレーを持って拾っていく形で、中国でこういう形式のラーメン屋が生まれたのは新鮮に思った。
煮卵も、しっかり色がついていて、中の黄身もしっかり半熟なのも、進歩を感じさせる。

20171001003.jpg
この店は内装も凝っていて、昔の中国の書店を模しているらしい。
店員が調理した麺をテーブルに持ってくるシステムも進化している。
最初に会計したときにカードを渡され、それをテーブルにある差し込み口に差し込むと、それで何処に客が座ったのか分かるらしくて、出来上がると店員がテーブルまで持ってきてくれる。
Wifiはもちろんのこと、それぞれのテーブルにUSB電源があるのも嬉しい。
この店はチェーン店で、今は上海のショッピングモールでは必ずと言っていいほど見るし、若者客で混雑している。

20171001006.jpg
これは、「蜀麺」という店の担々麺+茶碗蒸しのセット。26元。
この担々麺は、日本人がイメージするものに非常に近く、細麺も小麦の味がしっかりして、辛味噌とピーナッツのスープとの相性もいい。
他にも日本で言うところの鶏白湯みたいな麺もあって、それもおいしい。

この店も面白いシステムで、メニューがなく、注文も会計も携帯電話で行う。
注文するには携帯アプリのWechatを使う。
Wechatを起動させ、テーブルの上にある二次元バーコードをスキャンすると、Wechat上にこの店のメニューが表示され、食べたい品名をタップして、やはりWechat上で代金を決済すると、自分が座ってる席まで店員が注文した品を持ってきてくれる。
店が狭いので、わざわざこのシステムを取る意味はあまりないように思う。
店に入ると店員に席に案内され、店員が傍にいる中で机に携帯カメラを向けて携帯を操作して注文する。
直接店員に注文した方が速いだろ、と思ってしまうのは、SNSでコミュニケーションをとる習慣のないおじさんだからだろうか。

20171001004.jpg
これは、「顧一碗」という店の「蝦仁焼売」。16元。
一つ一つにエビが1尾ギッチリと入っていてぷりぷりした歯ごたえで、さらに肉餡と肉汁が合わさりとても美味だ。
日本でイメージする「シューマイ」とは違い、これは小篭包に近いが、本当に美味しい。
注目する点は、焼売の下に紙が敷いてある点と、竹籠の下に皿が敷いてある点だ。
紙が敷いてないと焼売が下にくっついて汚らしいし、皿が敷いてないと、焼売の皮が破れたときに汁がそのままテーブルにこぼれてしまい、汚らしい。
高級店じゃない普通のチェーン店でこういうところをキチンと出来ているのが、進歩しているなと感じる。

20171001005.jpg
「顧一碗」の内装。なかなかおしゃれ感を出してくる。
とても人気があり、ランチタイムは常に満席になる。
この店もチェーン店で、上海で最近増えだしている。

味が良くて店内も清潔で、さらにプラスアルファの工夫をしている店が、会食とかデート用ではなく普通にランチを食べるような店でもどんどん出現してきていて、こういうところに時の移り変わりを感じる。

20171001007.jpg
「顧一碗」の外観。その手前には、「いきなりステーキ」がある。
いきなりステーキはごく最近になって開店した。
しかし、残念ながらあまり人気はない。

20171001008.jpg
オープンセールをやってるときに入って食べてみた。オーストラリア産牛肉200グラム。100元くらいだったのが半額セールで50元くらいになってた。

肉の味はやはり美味しかったが、それ以外が最悪だった。
まず、メニューに白米がない。しょうがないのでマカロニをつけたら、こんなふうに鉄板に盛られてきた。
それから、店員がおすすめをしつこく勧めてくるし、そのくせ前掛けもよこさないし、食べ方の説明もないし、鉄板も温くて付け合わせもしょぼく、さらに会計も遅い。

20171001009.jpg
いきなりステーキの内装。日本と同じ感じだが、客がいない。
これだけ客がいないのに、店員が何もしない。この感じだと年内に潰れるんじゃないかという気がする。

上海ではいきなりステーキみたいにステーキを量り売りしてカウンターで食べさせる店が多くなっている。
デパートの地下でちらほら見かけるが、どれもあまり流行っていないのが共通点だ。
何故なのかは分からない。
ステーキを食べる習慣がないからか、カウンターで軽く食べるにはまだ値段が高いのか。
全然流行らないのに何故カウンターのステーキ店が次々に出来るのか、それも謎だ。
肉牛の飼育にも技術革新が起こっているのだろうか。
ラベル:食べ物 上海
posted by からみもち at 23:00| 上海 ☁| Comment(0) | グルメ・クッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする