2017年03月31日

家賃が上がった件

ちんたらと過ごしている間に、上海ももうすっかり暖かくなってしまった。

3月に入って、1年経つのでアパートの契約を更新する時期になった。
何の連絡もないので、こちらから連絡してみたら、こんな返事が来た。
Screenshot_2017-03-05-17-19-25.png
家賃を上げる、という。
それも、3,100元から3,300元と、7%も値上げされていて、日本人の感覚ではありえない値上げだ。
何で長く住んだら高くなるのか、意味が分からない。
自分から連絡してこないくせに、こんなメールを返して来やがった、とかなりいらっときた。
しかし、ここ最近は不動産の値上がりがひどいので、一応ネットを調べてみた。
そしたら、こんなことになっていた。

2016fangjiazoushi.jpg
住んでいる地区の中古物件の上昇グラフ。
何と去年の同時期から22.4%も値上がりしていた。

全体がいくら値上がりしようが借りてる方には関係ない。
しかし、貸す方は投資として物件を買っているので、値が上がったら売りたい気持ちも芽生える。
それに他の人に貸せば、相場に応じて高い家賃で貸せるので、仲介手数料と次の借り主と契約するまでの期間と、今の借り主に貸し続けた場合の利益の兼ね合いになる。
つまり、この値上げは相場の上がり幅や借り主を変えた場合のマイナスなどを考えると、合理的だ。
しかし、とりあえずふっかけてきている可能性もあるので、とぼけて値下げ交渉してみた。

Screenshot_2017-03-04-22-24-33.png
そしたら、3,400元という返事がきた。
これはやぶ蛇だったか、と思い、即座に3,300元でOKした。
まあこの物件は駐車場もあるし地下鉄の駅からもそこそこ近いので暮らしやすいし、引っ越して同条件の物件を新しく探すのも手間がかかる。
しかし毎年こんな交渉をしないといけないのは本当に面倒くさい。

上海の家賃は本当に高い。
どんどん住みにくくなっている。
タグ:住宅 上海
posted by からみもち at 22:08| 上海 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 生活環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする