2015年10月31日

新居の様子と周辺の光景

新居に引っ越して、早くも一ヶ月が過ぎようとしている。
結局、金橋路の東側の一ヶ月3,000元のところに引っ越した。
間取りは1L+Kで、元の住居と大差ないが、内装はかなりランクが落ちる。
4階南向きで日当たりはよい。

P1040390.jpg
リビング。椅子が無駄に多い。
壁は、子供の落書きがひどかったのを、大家が約束どおり塗りなおしてくれた。
出入り口と扉で隔てられているのが救いだ。

P1040385.jpg
寝室。収納は多いが、扉がちゃんと閉まらない。

P1040387.jpg
台所と出入り口。
やはり少し古いタイプの内装だ。

P1040388.jpg
洗面所もある。
ちゃんと温水も出るところがよい。
その他、シャワー室に浴槽がある。日本ではわざわざ特記することではないが、中国に来てからは浴槽がある住居は初だ。
とは言うものの、浅いし狭いしで、まだ一度も湯を張っていない。

このように、見てくれはよくないが、一応ひと通りそろった住居だ。
以前の居住区は楊高中路沿いで、車の騒音が少しあったが、今は金橋路の高架道路が近いものの川を隔てていてそこそこ距離があるので、夜がとても静かなのがいいところだ。

IMG_20151025_143220.jpg
居住区の周囲には、「金橋老街」という古い町並みが残っている。
現在、中環路や地下鉄の建設と共に、取り壊されつつある。

IMG_20151025_143439.jpg
この「金家橋」付近の川岸に、最後の古い街が残っている。

IMG_20151025_143207.jpg
高架道路の中環路は10月から開通しているが、下の道はまだ工事中で、こんな風に無理矢理通っている。
右の建物は、取り壊し中だ。

IMG_20151025_143334.jpg
瓦葺の古いタイプの屋根が、趣がある。高架道路とのコントラストが不思議だ。
こんなにぼろぼろの建物の中に、結構な割合でエッチな床屋があった。中国ではこういう状況はよくあるのだが、何でこういう地区にそういうお店が集まるのかはよく分からない。

IMG_20151025_143452.jpg
右のほうなんかは完全に取り壊されているのに、こんなところによく住む。

IMG_20151025_143554.jpg
建物撤去事務室。ここもぼろい。
この一帯には、瓦礫の山になっている区画も結構あり、残された建物も1年後にはなくなってしまうのではないかという気がする。
それでお決まりの高層マンションが立ち並ぶんだろう。
2年後に地下鉄9号線が開通すると、駅が間近になるので、その頃にはこの辺も綺麗になってマンションも売れて政府はまた儲かるというわけだ。
この国では物権などあってなきが如しだ。
部屋の値段もまたバカみたいに上がってるし、中国が物価が安いというのは上海ではもうすっかり過去の事だ。
ラベル:上海 住居
posted by からみもち at 22:54| 上海 | Comment(1) | TrackBack(0) | 生活環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする