2017年10月30日

インド旅行の感想とか覚え書き

インドから無事帰ってきて、もう夜寝るときに毛布をかけないといけないようになっていた。
というか、もう今年も残すところあと2ヶ月だ。
今年の初めに行ったミャンマー旅行の整理もまだ出来てないのに。
予定ばかりがどんどん溜まっていく。
もう来年の春節の航空券の予約もしないといけないのだ。

インドから帰って来たばかりで何処にも行く気がせず、取り敢えず航空券が安くて人が少なそうなところに行こう、と思って、結局チェコに行くことにした。
チェコはもちろん、ヨーロッパも初上陸になる。
しかし適当に決めただけあって、インドと同じくらい興味がわかない。
ヨーロッパの歴史もあまり知らないし、クラシックにも絵画にも興味がないし、行って何かやる事あるんだろうか。
ビールが美味しいらしいから、今のところビールを飲んで自堕落に過ごすくらいしかイメージがわかない。
4ヶ月後自分がどういう気持ちになってるのか今から不安でしょうがない。

20171001001.jpg
インドでは、デリーとアグラとムンバイとアウランガーバードに行った。
インドに行ったのも初めてだったけど、そんなにハマらなかった。
インドはハマる人とハマらない人がはっきり分かれるとか言われるけど、自分は中国や東南アジアで慣れているせいか、初インドで特に衝撃を受けることもなかった。
初めてだったので、大都市の有名な観光地巡りになってしまい、ガイドブックで見た風景を人混みの中見て回るような退屈な旅だったことも原因かもしれない。
次に行くことがあったら、南インドのほうの田舎町とかに行ってみたい。
旅行の模様は、フォートラベルのほうに載せるかもしれないが、今年の頭の分から溜まってるので、だいぶ時間がかかるかもしれない。

いつになるか分からないが、またインド旅行に行くことがあったら自分なりに注意することを書き留める。

予約票をプリントアウトする。

ネットで航空券を予約した後にメールで送られてくる、目的地とか便名とかが書いてある予約票をプリントアウトしておく。
空港に入る時に、警備員に予約票の提示を求められ、そこで予約票を見せないと、入れてもらえない。
中国国内旅行の気分で、窓口でパスポートを見せればチケットが手に入ると思って油断してると、偉い目に遭う。


銀行で両替ができない。

レッドフォート近辺のオールドデリーをうろうろしていた時に、インドの現地通貨にドルを両替しようと思い、銀行に何軒か入ったけど、断られた。
何か現在通貨の両替が一週間でいくらとか制限されてるみたいで、そんな理由もなく直接やってないと言う銀行も多かった。
その後ニューデリー駅前に行ってもそこでも両替所がなくて、それで結局、さらに南のカンドージ広場という金持ちが集まる綺麗な地区に行ったら、foreign exchangeの看板を出してる建物があって、そこですんなり両替できた。


グーグルマップを活用する。

中国に住んでるとGoogle関連のものは一切使えなくて、グーグルマップも普段使わないが、中国国外になると逆にbaiduの地図は頼りにならない。
インドでは、グーグルマップが万能だった。
何しろほとんどの人がアルファベットを読めるので、オートリキシャでもグーグルマップの画面を見せて行き先を示せばなんとかなる。
バスに乗るときも、出発地と目的地を入力すれば利用するバスの経路が出るので、町はボロくてもさすがにBRICSの一国という感じだ。
バス路線が表示された画面をスクショしておく。
バスに乗ると車掌に何処まで行くか言わないといけないので、目的地を表示してあるスクショがあると便利。
現状のローミングサービスがデータ通信に対応していないので、Wifiがないと現地の地図をダウンロードできない。
だからWifiの使える宿に泊まって、翌日に行く場所の地図を前夜にダウンロードしておいて、行く観光地とかそこへ行くためのバス路線を表示させてスクショしておく。
IMG_0151.PNG
こんなふうにスクショした。
今の時代は紙の地図が本当に売ってないので、携帯電話の地図が使えないと逆に不便だ。


チップは、あげてもあげなくてもいい感じだった。

ホテルでチェックインすると、荷物をポーターさんが部屋まで持って行ってくれ、部屋の中に入って電気とかトイレとかエアコンとか一通り説明してくれるけど、説明が終わった後で沈黙があり、何かを待ってる気配を感じるので、チップをあげると笑顔で受け取ってくれる。
しかしホテルによっては、説明が終わったら間髪入れずに去ってしまう場合もあり、そういうときはチップを渡しそこなう。
あるホテルでは、朝出かけるときに机の上にチップを置いていって、夜帰ってきたら机の上のチップがそのまま残っていたこともあった。
もちろんベッドは綺麗になっていて、備品もちゃんと補充されていた。

それに対して、タクシーとかオートリキシャの運転手は、チップに対する執着心が比較的高いと思った。
空港からホテルに向かうタクシーで、600ルピーかかったときに、50ルピーあげたら、もう50ルピー要求された。
少なかったのかもしれないが、プリペイドタクシーなのに他の客を乗せて少し寄り道されたので、余計に懐に入ったんだからチップは要らないだろうけど特別サービスで50だけあげようかと思ったら、そこにつけ込んでもっとチップを要求してくる。
この厚顔さと卑屈さ。
外国人観光客がこういう人間を育ててしまっているんだと思う。

一日チャーターしたのに、遠いとか時間がかかるとか嘘をついて何とか早く切り上げようとし、そのくせチップはしっかり貰う人もいる。
観光地に着いたとき、待ってる間喉が渇くから飲み物代をくれとか平気で言うし。
子供かよ。
仮に日本でタクシーの運転手さんにそんなことを言われたら、ヤバい奴だと思って逆にぞっとする。

食事の時も、外国人が出入りするような高級なレストランならばチップをあげないといけないけど、地元の人が使う普通の安い食堂では必要ない感じだった。
高級レストラン自体ほとんど行かなかったので、細かいことはよく分からないが。

そんなところかな。
ラベル:旅行 インド
posted by からみもち at 00:20| 上海 ☀| Comment(0) | 旅行観光(その他アジア) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

上海の最近のラーメン事情

上海も最近は雨が多く、すっかり涼しくなってきた。
明日からは国慶節の長期休暇だ。
1週間インド旅行に行くのだが、何処に行くかあんまり考えてない。
このままだとホテルに引きこもりかねないな。

中国の食のレベルも、来た当初に比べると随分上がった。
上海でもここ数年でさらに進化している。

20171001001.jpg
これは以前紹介した、近所にあるラーメン屋の紅焼牛腩麺。肉も軟らかくスープも個性があって麺も生麺で、ローカルレベルではとても完成度が高い。

しかし最近の店は、料理自体の品質以外にもこだわっている店が出てきている。

20171001002.jpg
これは、「和府撈面」という店の紅酒雪花牛肉麺。値段は36元と少し高め。
麺は細めだがかみ応えがあり、スープもさっぱりしてるようでコクがあり、肉も軟らかくて量も多い。
トッピングは「はなまるうどん」みたいに自分でトレーを持って拾っていく形で、中国でこういう形式のラーメン屋が生まれたのは新鮮に思った。
煮卵も、しっかり色がついていて、中の黄身もしっかり半熟なのも、進歩を感じさせる。

20171001003.jpg
この店は内装も凝っていて、昔の中国の書店を模しているらしい。
店員が調理した麺をテーブルに持ってくるシステムも進化している。
最初に会計したときにカードを渡され、それをテーブルにある差し込み口に差し込むと、それで何処に客が座ったのか分かるらしくて、出来上がると店員がテーブルまで持ってきてくれる。
Wifiはもちろんのこと、それぞれのテーブルにUSB電源があるのも嬉しい。
この店はチェーン店で、今は上海のショッピングモールでは必ずと言っていいほど見るし、若者客で混雑している。

20171001006.jpg
これは、「蜀麺」という店の担々麺+茶碗蒸しのセット。26元。
この担々麺は、日本人がイメージするものに非常に近く、細麺も小麦の味がしっかりして、辛味噌とピーナッツのスープとの相性もいい。
他にも日本で言うところの鶏白湯みたいな麺もあって、それもおいしい。

この店も面白いシステムで、メニューがなく、注文も会計も携帯電話で行う。
注文するには携帯アプリのWechatを使う。
Wechatを起動させ、テーブルの上にある二次元バーコードをスキャンすると、Wechat上にこの店のメニューが表示され、食べたい品名をタップして、やはりWechat上で代金を決済すると、自分が座ってる席まで店員が注文した品を持ってきてくれる。
店が狭いので、わざわざこのシステムを取る意味はあまりないように思う。
店に入ると店員に席に案内され、店員が傍にいる中で机に携帯カメラを向けて携帯を操作して注文する。
直接店員に注文した方が速いだろ、と思ってしまうのは、SNSでコミュニケーションをとる習慣のないおじさんだからだろうか。

20171001004.jpg
これは、「顧一碗」という店の「蝦仁焼売」。16元。
一つ一つにエビが1尾ギッチリと入っていてぷりぷりした歯ごたえで、さらに肉餡と肉汁が合わさりとても美味だ。
日本でイメージする「シューマイ」とは違い、これは小篭包に近いが、本当に美味しい。
注目する点は、焼売の下に紙が敷いてある点と、竹籠の下に皿が敷いてある点だ。
紙が敷いてないと焼売が下にくっついて汚らしいし、皿が敷いてないと、焼売の皮が破れたときに汁がそのままテーブルにこぼれてしまい、汚らしい。
高級店じゃない普通のチェーン店でこういうところをキチンと出来ているのが、進歩しているなと感じる。

20171001005.jpg
「顧一碗」の内装。なかなかおしゃれ感を出してくる。
とても人気があり、ランチタイムは常に満席になる。
この店もチェーン店で、上海で最近増えだしている。

味が良くて店内も清潔で、さらにプラスアルファの工夫をしている店が、会食とかデート用ではなく普通にランチを食べるような店でもどんどん出現してきていて、こういうところに時の移り変わりを感じる。

20171001007.jpg
「顧一碗」の外観。その手前には、「いきなりステーキ」がある。
いきなりステーキはごく最近になって開店した。
しかし、残念ながらあまり人気はない。

20171001008.jpg
オープンセールをやってるときに入って食べてみた。オーストラリア産牛肉200グラム。100元くらいだったのが半額セールで50元くらいになってた。

肉の味はやはり美味しかったが、それ以外が最悪だった。
まず、メニューに白米がない。しょうがないのでマカロニをつけたら、こんなふうに鉄板に盛られてきた。
それから、店員がおすすめをしつこく勧めてくるし、そのくせ前掛けもよこさないし、食べ方の説明もないし、鉄板も温くて付け合わせもしょぼく、さらに会計も遅い。

20171001009.jpg
いきなりステーキの内装。日本と同じ感じだが、客がいない。
これだけ客がいないのに、店員が何もしない。この感じだと年内に潰れるんじゃないかという気がする。

上海ではいきなりステーキみたいにステーキを量り売りしてカウンターで食べさせる店が多くなっている。
デパートの地下でちらほら見かけるが、どれもあまり流行っていないのが共通点だ。
何故なのかは分からない。
ステーキを食べる習慣がないからか、カウンターで軽く食べるにはまだ値段が高いのか。
全然流行らないのに何故カウンターのステーキ店が次々に出来るのか、それも謎だ。
肉牛の飼育にも技術革新が起こっているのだろうか。
ラベル:上海 食べ物
posted by からみもち at 23:00| 上海 ☁| Comment(0) | グルメ・クッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

納豆を作ってみた。

またブログ更新の間が開いてしまった。
いつの間にか春と梅雨が終わり、40度近い毎日が続いている。
梅雨って言っても3〜4日しか雨が降った記憶がない。

20170722001.jpg
濱江公園から夕方の外灘を撮影。
退社後の7時くらいでもまだ明るい。

IMG_0010.PNG
何故かトンボが大発生していた。
小さな点はハエみたいだけど全てトンボ。
エサがいっぱい飛んでるのかな。

この3ヶ月も特に何があるわけではなく、ダラダラと過ごしていた。
事務所のエアコンも快調で、昼寝するのが気持ちいい。
したことと言えば、買い物を多少したくらいだ。

一ヶ月前くらいに、日本人向けのスーパーしんせん館が浦東から撤退した。
日本人が少なくなってきたのか、しんせん館は浦西地区だけに実店舗を絞って、後は宅配サービスでカバーすることにしたようだ。
しかし、自宅が浦東の東のほうなので、宅配サービスの範囲内に自宅が入っていない。
乾物とか調味料などの日本食材だったらデパート地下の食料品売り場でも売ってるけど、納豆が困る。
デパート地下の食料品売り場だと、食材の回転率が悪いので、いつから置いてあるのか分からないような冷凍の納豆ばっかりだし、おまけに割高なので、手を出したくない。

というわけで、納豆を自宅で作ることにした。
いきなりぶっ飛んでいると思われるかもしれないが、自宅で納豆を造るのは意外に簡単らしい。
ただし、道具が多少必要になる。

20170722002.jpg
道具その@。ヨーグルトメーカー。99元。
安いけど、40度くらいに温度を一定時間保ち続ける、というシンプルな機能しかない。

20170722007.jpg
買うと、おまけでこの乳酸菌がついてくる。
買った時にこの乳酸菌でヨーグルトを作ってみたところ、お腹を壊した。
雑菌が混ざってたのか、それとも古かったのか。ヨーグルトを作るときは、容器とかを煮沸消毒しないといけなかったり、雑菌の混入に対してシビアだ。

納豆は、納豆菌が強いらしく、そこまでシビアではない。
そもそも、納豆自体1000年以上も前に藁に包んだ大豆が暑い中放置されてできたような代物らしいし、今でも東南アジアの田舎なんかで雑に作られて食べられているような食べ物なので、失敗することが難しい。
しかし、大豆を蒸して柔らかくしないといけなくて、それが圧力鍋を使わないと何時間もかかるみたいで、日常やるには手間なので、圧力鍋を買ってしまうことにした。

20170722003.jpg
道具そのA。電子圧力鍋。2,299元。
パナソニック製のIH圧力鍋。低・中・高に圧力を調整でき、最大2気圧まで出る。減圧とかも勝手にやって、仕上がったら知らせてくれる。なかなか凄い機械。
中国国内メーカーの電子圧力鍋だと500元以内で買えるが、米の炊き方も細かく指定できてタイ米にも対応していて、それから安全装置も充実してるので、奮発して買ってしまった。

20170722004.jpg
本体。真ん中の出っ張りを前後にずらしてロックする。操作も簡単。

納豆を作るためには、まず乾燥した大豆を買ってきて、8時間くらい水にさらす。
量は、乾燥大豆200グラムくらい。
それからようやくこの圧力鍋の出番。
高圧に設定して、蒸す。
機械の自動設定だと18分だが、少し固めの豆感が残っているくらいのほうが好みなので、13分で設定した。
実際は、プラス加圧と減圧の時間があるので、倍以上時間がかかるが、減圧が終わったらアラームで知らせてくれるので、とても気楽。

蒸し終わったら、豆の堅さをチェックする。指で簡単につぶせるくらいがいいらしいが、自分はもう少し固めが好き。
豆の堅さが問題なかったら、市販の納豆を半パック混ぜる。
かき混ぜたら、専用容器に移し替えてヨーグルトメーカーで18時間くらい温める。

20170722005.jpg
出来上がった納豆。時間はかかるけど、とっても簡単にできる。
豆の表面の白っぽいのは納豆菌。

20170722006.jpg
一食分ずつ小分けにする。
乾燥大豆200グラムから、市販の納豆でいうと6食分くらいができる。
多めに分けて4食分にした。

これで完成にしてもいいけど、ヨーグルトメーカーの中国語の説明書によると、さらに冷凍庫で24時間以上冷凍保存する工程がいるらしい。
説明書では、「二次発酵」と書いてある謎の工程だ。
やってみると、何でか分からないけど、大豆っぽさが薄まって、市販の納豆に近い味になる気がする。

自分で納豆を作ると、原価約10元で、12食分作れる。
市販の納豆が3パック12元だとすると、4分の1以下のコストで作れる。
豆の堅さも自分好みに調整でき、味も市販のものより新鮮でおいしいので、しばらくは納豆の自作を続けると思う。

しかし、IH圧力鍋はなかなかすごい。
牛バラ肉でカレーを作ったら、肉がとても軟らかくできて、とても美味しかった。
米も炊けるし、もっと色々作っていきたい。
ラベル:食べ物
posted by からみもち at 20:11| 上海 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ・クッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

上海から日本の食材が消えた件

毎年3月は、全人代が開かれ、それに合わせて新しい法律が沢山公布される時期だ。
全人代が終わると、3月15日の国際消費者デーになり、商品に関するクレームなんかがいろいろ特集され、キャンペーンが張られる。

今年は、日本の放射能汚染食品が、輸入を禁止されているはずが野放しになって普通に売られている、という題材を中央電視台が取り上げたらしく、その後、上海のスーパーからあらゆる日本の食材が撤去されてしまった。
刺身や弁当やお菓子や調味料を含め、あらゆる食材が消えてしまった。
日本の中でも東日本の特定の地域が禁止対象だが、とりあえず全品検査するとかなんとかで、全てがなくなった。

自分は普段そんなに日本の食品は食べていないが、納豆がなくなったのは痛かった。
一時期家で自分で納豆巻きを作って食べるのにはまって、その時期には週3回くらい納豆巻きを食べていた。
最近はそれも下火になっていたので、ダメージは少なかったが、それでも食べられないとなると食べたくなるものだ。
納豆を自分で作ろうと思い、ネットで保温器を調べ、哺乳瓶を温めるやつしかなかったから、思い切って細菌培養実験用の保温箱キットを2,000元出して買おうかと思ってしまった。

それで、最近になって職場の近くのデパート地下のスーパーに行ってみたら、日本食材が復活していた。
このデパートは、去年開店したばかりで、無印良品やダイソーや山崎パンなんかが入っていて、日本人にはそこそこ使い勝手が良い。
以前は惣菜もなかなか充実してて、午後6時にはもう安売りしていて、弁当なんかは2個で1つの値段になる。
それで、刺身を買ってみた。

IMG_20170331_190551.jpg
2割引で78元。
「不能生食」という不可解な表示がある。
売り場には「必ず煮て食べてください。」という小さな立て札が立っていた。
刺身なのに煮て食えとはこれ如何にと思い、売り子のおばさんに聞いてみた。
おばさんが言うには、20日に食品安全条例ができて、それで「生食証」がなかったので生食のものが売れなくなったけど、モノ自体は以前の通りなので、そのまま食べてちょうだい、ということだった。

要するに、中国ではありがちな、新しく規定ができてキャンペーンで取り締まりを行うものの、形だけやって後は何もしないで今まで通りという、ズルズルな感じのやつだ。
おばちゃんが普通に本当のことを言っちゃうのもすごい。
また取り締まられるんじゃないかと心配になる。
ラベル:上海 食べ物
posted by からみもち at 02:26| 上海 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする